深頸部膿瘍とはどんな病気か

 頸部深部に膿瘍を形成する疾患で、頸部が赤くはれて痛みを伴います。原因となる感染が先行しますが、はっきりしないこともあります。糖尿病などをもっている場合は重症となりやすく呼吸困難や嚥下(えんげ)障害を生じることがあります。また炎症が縦隔(じゅうかく)に及ぶと重篤(じゅうとく)な状態となります。

原因は何か

 歯の炎症が原因となることが多く、歯周炎う蝕(しょく)むし歯)からの歯根膜炎(しこんまくえん)や歯髄炎(しずいえん)などから起こります。また咽頭炎(いんとうえん)、扁桃周囲炎(へんとうしゅういえん)、扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)、顎下腺炎(がくかせんえん)、異物などが原因となることもあります。

症状の現れ方

 先行する歯の炎症や咽頭炎のため、口腔内、咽頭に痛みがあり、そのあとに頸部の腫脹(しゅちょう)や発熱が出現します。頸部の腫脹、熱感、発赤(ほっせき)などとともに、咽頭痛や嚥下痛があります。開口障害、嚥下困難、呼吸困難感などが出ると重症です。

検査と診断

 頸部の触診のみでは過小評価してしまうのでCT検査が必要です。できれば造影剤検査を行うと、切開術に重要な情報が得られます。CTにより膿瘍形成の有無、炎症の範囲、重要臓器への広がりなどを見ます。口腔、咽頭の診察で原因病巣をさがします。喉頭(こうとう)の浮腫(ふしゅ)の有無などは内視鏡で観察します。採血で白血球数やCRPなどから炎症の程度を調べます。

治療の方法

 治療の基本は抗生剤の点滴治療と、外科的に切開してうみを出すことです。軽度の場合は膿瘍に注射針を刺してうみを吸い取り、あとは抗生剤でよくなります。膿瘍が形成され首のはれが著しい場合は、切開排膿して数カ所にうみを出すためのドレーンを入れ、洗浄します。
 並行して抗生剤の点滴治療を行います。頸部の炎症が強く、喉頭に浮腫が認められる時は呼吸困難を生じるので、気管切開を行う必要があります。

深頸部膿瘍に気づいたらどうする

 頸部がはれて赤くなり痛みがあるようなら、すぐに病院を受診することが必要です。その前に歯の痛みや歯ぐきのはれなどは早めに治療しておくことが大切です。