自己免疫性膵炎<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状の現れ方

 膵臓が炎症により腫大するため、膵内を走行する胆管が押しつぶされて胆汁(たんじゅう)が腸に流れなくなります。このために黄疸(おうだん)を初発症状とする例が約6割と最も多くなっています。腹痛はたいていの場合軽く、腹痛を伴わないこともあります。糖尿病の悪化や発症を契機として診断される場合もあります。また、3割程度に体重減少がみられます。

自己免疫性膵炎<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の診断と治療の方法

 自己免疫性膵炎はステロイドという免疫を抑える薬剤が大変有効で、ステロイド薬のひとつであるプレドニゾロンという薬剤を30〜40mg日で1カ月投与すると、膵の腫大や膵管の狭細は明らかに改善します。以後は徐々に減量し最終的に5mg程度で維持することが多いようです。
 ステロイドを短期で中止にしてしまうと再燃の多いことが知られており、少量のステロイド投与(維持療法)をある程度続ける必要がありますが、どの程度の期間続ければよいかはまだコンセンサスが得られていないのが現状です。