アスペルギルスが産生する毒素による食中毒<食中毒>の症状の現れ方

 大きく分けて2つあります。大量に摂取した場合に起こる急性症状と少量を長期間摂取した場合に起こる慢性症状です。アフラトキシンの急性症状は肝機能障害ですが、日本の食料事情では急性症状を起こすことはありません。しかし慢性症状は懸念されます。アフラトキシンでは肝臓がん、オクラトキシンAでは腎炎を起こすことが知られています。

アスペルギルスが産生する毒素による食中毒<食中毒>の診断と治療の方法

 汚染している食品の摂食を止めます。