ペニシリウムが産生する毒素による食中毒<食中毒>の症状の現れ方

 日本では、少量を長期間摂取した場合に起こる慢性症状が懸念されます。オクラトキシンAやシトリニンでは腎炎を起こすことが知られています。黄変米毒では肝機能障害や神経障害などが動物実験で報告されていますが、ヒトの事例はありません。
 パツリンはリンゴジュースを汚染することのあるカビ毒で、消化管障害が動物実験で報告されていますが、ヒトの事例はありません。

ペニシリウムが産生する毒素による食中毒<食中毒>の診断と治療の方法

 汚染している食品を食べないことです。