その他の真菌・カビ毒による食中毒<食中毒>の症状の現れ方

 貯蔵米で汚染の可能性があるステリグマトシスチンは、アフラトキシンに似た構造をもっているため、長期間摂取すると発がん性があるといわれています。しかし、日本のように温度、湿度が管理された貯蔵庫ではカビ毒産生の心配はありません。
 麦角アルカロイドは、循環器系や神経系に毒性を示します。手足が燃えるような感覚を起こすことから、古代ヨーロッパで恐れられた食中毒でした。
 シトリニンは、腎炎を起こすカビ毒であり、とくにアスペルギルス属やペニシリウム属が産生するオクラトキシンAと一緒に摂取した場合には、より強い腎への影響があることが、動物実験などで報告されています。

その他の真菌・カビ毒による食中毒<食中毒>の診断と治療の方法

 汚染している食品を、大量に継続して食べないことです。