遺伝性脊髄小脳変性症<遺伝的要因による疾患>の症状の現れ方

 発症する時期は、原因となる遺伝子の種類、変化の度合いによってさまざまです。多くは成人(20〜50代)になってから発症し、ゆっくり進行するのが一般的です。

遺伝性脊髄小脳変性症<遺伝的要因による疾患>の診断と治療の方法

 特異的な治療法はありません。リハビリテーションが中心となります。