網膜色素変性<遺伝的要因による疾患>の症状の現れ方

 夜盲が初発症状で、だんだん視野が狭くなっていきます。中心の視野は比較的後期まで保たれますが、さらに進行すると視力も低下します。
 発症の時期はさまざまであり、幼少期に重度の視力障害に至るものもあれば、自覚症状に乏しく中年になって眼科での検査によって偶然に診断される場合もあります。