【図解付き】多様な動きを生む関節・関節と軟骨の役割

関節は骨と骨とをつなぎ、回したり、のばしたり、曲げたりといった動きを可能にしています。


  • 出典:株式会社法研「からだと病気のしくみ図鑑」
  • 監修:川上 正舒 自治医科大学名誉教授 地域医療振興協会練馬光が丘病院 院長
  •    野田 泰子 自治医科大学医学部解剖学部門 教授
  •    矢田 俊彦 自治医科大学医学部生理学講座統合生理学部門 教授

図解-関節の基本構造

関節と軟骨の役割

骨と骨をつないでいる関節は、関節包という袋で包まれています。

関節包の内側にある滑膜では、関節の動きをスムーズにするための潤滑油となる滑液を分泌しています。

また、関節包の外側には、靱帯があります。靱帯には"腱"となった筋肉の一端がついていて、筋肉の動きを骨に伝達する役割を果たしています。

関節頭の先端および関節窩は関節軟骨で覆われています。関節軟骨はクッション性があり、外部からの衝撃や、運動による骨同士の摩擦を吸収して、関節の骨同士が傷つかないようにガードしています。

関節軟骨は、表面が滑らかな硝子様軟骨からできています。硝子様軟骨の構造は網目状になったコラーゲン線維でできた骨組みに、プロテオグリカンという物質が絡み付くようになっています。

プロテオグリカンは、水分と融合しやすいため、子どもでは軟骨に水分を多く含みそれだけクッション性も高いのですが、加齢などで水分量が減少すると衝撃を和らげる力も減少してしまいます。

そのため、関節を動かしただけで骨の摩擦をおこし、痛みを感じる関節痛を引き起こすようになります。

図解-さまざまな関節の動き


その他の記事 - 運動器
その他の章の記事 - からだと病気のしくみ図鑑
からだと病気のしくみ図鑑