【図解付き】全身の筋肉のしくみ・骨格筋だけでも600種以上

  • 出典:株式会社法研「からだと病気のしくみ図鑑」
  • 監修:川上 正舒 自治医科大学名誉教授 地域医療振興協会練馬光が丘病院 院長
  •    野田 泰子 自治医科大学医学部解剖学部門 教授
  •    矢田 俊彦 自治医科大学医学部生理学講座統合生理学部門 教授

図解-前方から見た全身の筋肉の構造

図解-後方から見た筋肉

骨格筋だけでも600種以上

筋肉は、からだや臓器を動かす原動力となる運動器官です。

筋細胞(筋線維)という収縮性のある細胞の集合体である筋肉は、骨格に付着してからだを動かす骨格筋、血管や内臓の器官を動かす平滑筋、心臓を動かす心筋と大きく3種類に分けられます。

また、骨格筋だけでも600種以上あり、それぞれに名前がつけられています。付着する骨の部位によって大きさや形もさまざまです。


その他の記事 - 運動器
その他の章の記事 - からだと病気のしくみ図鑑
からだと病気のしくみ図鑑