【図解付き】アルコールと肝臓・アルコールが解毒されるしくみ

肝臓のアルコール分解の速度は一定です。 お酒の飲み過ぎ・早飲みは、肝臓に容量以上の負担をかけてしまいます。


  • 出典:株式会社法研「からだと病気のしくみ図鑑」
  • 監修:川上 正舒 自治医科大学名誉教授 地域医療振興協会練馬光が丘病院 院長
  •    野田 泰子 自治医科大学医学部解剖学部門 教授
  •    矢田 俊彦 自治医科大学医学部生理学講座統合生理学部門 教授

図解-アルコールが解毒されるしくみ

アルコールが解毒されるしくみ

アルコールを分解して無毒化することも、肝臓の仕事の一つです。お酒からとったアルコールの約20%は胃から、残りの約80%は小腸から吸収され、門脈を通って肝臓へ運ばれます。

肝臓に運ばれたアルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)などのはたらきによって、アセトアルデヒドという物質に分解されます。

アセトアルデヒドは、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解されます。酢酸は無害な物質で、全身を巡る間に筋肉や脂肪組織で分解され、最終的には二酸化炭素と水になり、尿や息と一緒に体外へ排泄されます。

なお、アルコールの約20%くらいは代謝されず、そのままの形で尿や汗、息などとともに排泄されます。


その他の記事 - 消化器
その他の章の記事 - からだと病気のしくみ図鑑