【図解付き】心臓のはたらき・心臓のメカニズム

心臓は、全身に血液を送るはたらきをしています。 私たちの生命維持に欠くことのできない、精密な"ポンプ"です。


  • 出典:株式会社法研「からだと病気のしくみ図鑑」
  • 監修:川上 正舒 自治医科大学名誉教授 地域医療振興協会練馬光が丘病院 院長
  •    野田 泰子 自治医科大学医学部解剖学部門 教授
  •    矢田 俊彦 自治医科大学医学部生理学講座統合生理学部門 教授

図解-心臓の構造

図解-心臓の内部

心臓のメカニズム

心臓は、胸の中央からやや左前方に位置する重さ200~300gの筋肉の袋です。全身に血液を送り出す役割を担う、生命維持には不可欠な臓器です。

心臓は4つの部屋から成り立っています。上に位置する部分を心房、下に位置する部分を心室と呼び、位置する場所を示して右上から、右心房、左心房、右心室、左心室と呼びます。

また、各部屋を隔てる壁のほとんどは、心筋と呼ばれる特殊な筋肉でできています。

外観から見ると、左右心室下部にある心筋の表面は、弾力性に富んだ膜(心膜)で覆われています。その外周には冠状動脈と、冠状静脈(大心静脈・小心静脈)が走っています。

冠状動脈は心臓を動かす心筋に酸素とエネルギーを送るはたらきがあり、右心房の下を通る右冠状動脈と、左心房の下を通る左冠状動脈に分かれています。

心臓内の血液の流れ

右心房には上部から上大静脈、下部から下大静脈がつながっており、全身から戻ってくる血液を受け入れています。

右心室からは左右肺動脈が出ています。左心房には肺からの左右肺静脈がつながっています。

大静脈から戻ってきた血液は、右心房から右心室を通り、左右の肺へと送り出されます。

また、肺静脈から左心房に送られてきた血液は、左心室を通って上行・下行大動脈から全身に送られます。

血液の流れは常に一方向である必要があるため、左右とも心房と心室の間、肺動脈、大動脈への出口には、それぞれ、血液の逆流を防ぐための弁があります。

このように、心臓は血液を全身へ送るポンプの役割を担っています。


その他の記事 - 循環器
その他の章の記事 - からだと病気のしくみ図鑑