【図解付き】大脳皮質の構造と活動・前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉

大脳皮質は、専門的な機能をもつ部位―「領野」から成り立っています。領野はからだの各部から情報を得て、適切な部位に指令を送ります。


  • 出典:株式会社法研「からだと病気のしくみ図鑑」
  • 監修:川上 正舒 自治医科大学名誉教授 地域医療振興協会練馬光が丘病院 院長
  •    野田 泰子 自治医科大学医学部解剖学部門 教授
  •    矢田 俊彦 自治医科大学医学部生理学講座統合生理学部門 教授

図解-4つの部位に分けられる大脳

図解-領野--分業する脳機能

大脳皮質のはたらき

大脳は、前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉という4つの部位に分けられます。それぞれの表面は、大脳皮質という神経細胞の薄い層に覆われています。

大脳皮質には、「領野」と呼ばれる専門的な機能をもつ領域があります。

領野では、からだの各部位から送られてきた情報を判断し、情報に対応するからだの各部位に動作などの指令を送ります。


その他の記事 - 脳と神経
その他の章の記事 - からだと病気のしくみ図鑑
からだの図鑑