胸の痛みにもいろいろなパターンがありますが、激しい痛みは我慢できないためすぐ病院に行く人が多いかもしれません。実際、命にかかわる重篤な病気が原因であることもよくあります。しかし、痛みが短時間でおさまる場合もあるため、そこで安心してしまう人も。しかし、くり返し起こることもありますし、危険な病気が隠れている場合もあります。手遅れにならないよう、早期発見早期治療を心がけましょう。胸に強い痛みが起こる病気のチェック法をご紹介します。
仲 眞美子先生(アスクレクリニック上野)
医学博士。認定内科医、認定産業医、人間ドック検診専門医。
昭和50年、東京医科大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了。愛知県がんセンター第二内科・化学療法部国内留学。社会保険蒲田総合病院内科医長、他。イーク丸の内院長、医療法人社団葵会AOI国際病院健康管理センター所長を経てアスクレクリニック上野院長。

すぐに対処を! 心臓の症状が原因の痛み

胸の鋭い痛みは、心筋梗塞など死に直結する症状があるため、早急な対処が必要です。症状チェックで心臓の症状が疑われたら、循環器系の病院を受診してください。

1)15分以内に消える胸の痛みの原因となる病気

鋭い痛みを感じるが、短時間でおさまる場合は「狭心症」が疑われます。狭心症は、心臓を動かすために必要な血液が不足することで起きます。狭心症には、動いているとき起こる「労作性狭心症」と、体を動かしていなくても起こる「安静時狭心症」があります。労作性狭心症は、心臓の血管が動脈硬化で狭くなっていることで、体の動きに対応した血液を十分に供給できないことで起こります。鋭い痛みでじっとしていると、血液の必要量が減るため、短時間で痛みが治まります。日頃の生活でも、階段の上り下りなどで胸の痛みを感じるなら、狭心症の可能性が。
また安静時、狭心症は心臓の冠動脈が痙攣することで起こります。就寝中、特に明け方に発作が多いのが特徴です。この狭心症は心臓を動かすのに必要な血液を送る冠動脈が痙攣することによって起きますが、冠動脈が動脈硬化によってつまっていることが多いようです。

原因:狭心症

治療法:薬物療法、手術、カテーテル治療

チェック法:胸の鋭い痛み、胸の圧迫感がある、胸の痛みは短時間で消える、胃のあたりの痛み、背中の痛み

関連する病気: 狭心症

2)30分以上続く激しい痛みの場合は

心臓の血管の動脈硬化が原因となる「虚血性心疾患」には、狭心症と「心筋梗塞」があります。その違いとは、血管が狭くなって血流が阻害されて起こるのが狭心症。心筋梗塞は、狭い血管に血の固まりである「血栓」がつまり、血流が止まった状態のことで、より緊急性が高くなります。その症状としては、胸の激痛、締めつける感じ、激しい痛みが出て、肩や背中、首にも痛みが広がます。そして、狭心症は短時間で痛みが治まりますが、心筋梗塞では30分以上長く続きます。また、冷や汗、吐き気、呼吸困難を伴うことも。深夜に起きた場合、様子を見ているうちに手遅れになることもあります。おぼえのない胸の強い痛みを感じたら、すぐに病院に向かい、早期治療を心がけましょう。

原因:心筋梗塞

治療法:薬物療法、手術、カテーテル治療

チェック法:胸の激痛、胸を締めつける感じ、胸の痛みが肩や背中・首にも広がる、冷や汗、吐き気、呼吸困難

関連する病気: 心筋梗塞

3)突然の激しい胸の痛みが出て、痛みが移動する

大動脈の壁に亀裂が入り、血管が裂けていく病気を「大動脈解離」といいます。突然に発症することが多く、激しい胸や背中の痛みがあり、血管が裂けていくに従い、お腹・足へと痛みが広がっていきます。急な発症の場合は「急性大動脈解離」と呼ばれ、死に至る場合もあり、すぐに対処が必要です。高血圧の人に起こりやすいとされています。

原因:大動脈解離

治療法:薬物療法、手術

チェック法:激しい胸や背中の痛み、胸の痛みが腹部や足に広がる

関連する病気: 大動脈解離

肺が原因で胸に痛みが出る病気は?

胸の鋭い痛みの原因には、肺の症状・病気が隠れていることが多くあります。しかも、肺がんなど、早急な対応を迫られる病気も。チェック項目で肺の病気の可能性が出たら、呼吸器科の医師を受診しましょう。

1)1か月以上だんだん強くなる咳と胸の痛みがある場合

「肺がん」で胸の激痛が出るようになったら、肋骨などに症状が進んだためで、早急な対応が必要です。肺がんの場合、最初に表れるのが咳や痰、発熱など風邪の症状と似ているため、軽く考えてやりすごしがちなので要注意です。こうした症状の後に、胸に痛みが続きます。咳に加えて、胸の痛みがあり、症状が1カ月以上だんだん強くなっていく場合は、肺がんの可能性もあります。いずれにしても、早期の受診を心がけましょう。

原因:肺がん

治療法:手術、化学療法、放射線治療

チェック法:咳、痰、発熱、胸の軽い痛み、胸の激痛

関連する病気: 肺がん

2)脚を動かさないことで起こる胸の痛みとは?

心筋梗塞と同じようなことが肺に起こり、胸に激しい痛みが出るのが「肺塞栓症」です。一般的には「エコノミークラス症状群」といわれます。エコノミークラス症候群は、飛行機で長時間座り続けることで、血流が滞り、脚の静脈にできた血栓が、血流で肺に運ばれ、肺の動脈がつまるのが原因です。ただし、長距離バスや新幹線でも同様のことが起こります。またデスクワークなどでじっと座っていたり、入院で寝たきりでも起こります。血管のつまり具合によって症状が違うため、痛みが軽い場合もありますが、つまりがひどい場合は胸に激痛が生じます。胸の圧迫感や不快感として出ることもあり、呼吸が苦しいことも。また、下肢に静脈瘤が現れるのも典型的な症状です。

原因:肺塞栓症

治療法:薬物療法、下肢静脈瘤の治療

チェック法:胸の痛み、胸の圧迫感、胸の不快感、呼吸困難、下肢の静脈瘤

関連する病気: 肺塞栓症

3)突然の息苦しさと共に、胸に痛みを感じる場合は

突然息が苦しく、胸の激しい痛みを感じるのは、肺に穴が開く「気胸」という病気の可能性があります。この場合、胸の痛みのほか、息苦しいという症状が併発します。胸の痛みは鈍痛であることも。また背中に痛みを感じる場合もあります。気胸は、若くやせ形で背の高い男性に多い傾向が。しかし、肺の病気が原因の場合は高齢者に多く、ケガが原因で起こる外傷性のものもあります。また、女性では、子宮内膜症との関係で起きる「月経随伴性気胸」という症状の可能性もあります。

原因:気胸

治療法:薬物療法、手術、チューブを使った持続脱気

チェック法:突然起こる胸や背中の鈍痛、激痛、息苦しさ

関連する病気: 自然気胸

消化器系の内臓が原因となる胸の痛み

膵臓や食道など、胸の付近にある消化器系の内臓に異変があった場合、胸の痛みとして感じることがあります。

1)左胸が痛い場合に考えられる病気

みぞおちから左側の胸、腹部や背部に痛みが出たら「急性膵炎」が疑われます。キリキリと刺すような痛みで、耐えられない激痛になることも。膵臓は食べ物を消化する器官ですが、急性膵炎は、自らの膵臓を消化してしまい、炎症が起こった状態です。他には吐き気や嘔吐、発熱などの症状も。また、急性膵炎は、多臓器不全で命の危険を伴うこともあるので、すばやい対応が必要です。

原因:急性膵炎

治療法:絶食絶飲での安静、薬物療法

チェック法:左胸の鋭い痛み、みぞおちや腹部の痛み、背部の痛み、吐き気、嘔吐、発熱

関連する病気: 急性膵炎

2)胸の真ん中あたりが締めつけられるように痛む

胃酸の過剰分泌などが原因で、消化物や胃液が食道を逆流し、食道の粘膜が炎症を起こす病気を「逆流性食道炎」といいます。このとき、胸の真ん中をギュッと締めつけるような強い痛みが起こる場合があります。他にも強い胸やけの症状や、胃酸の苦みや酸味のある液体が口に上がってくる、ゲップが出やすいといった症状も。喉がつまって、食べ物を飲み込めない嚥下障害といった状態も起こります。

原因:逆流性食道炎

治療法:薬物療法

チェック法:胸の締めつけるような痛み、胸やけ、嚥下障害

関連する病気: 逆流性食道炎

皮膚科を受診すべき胸の痛み

胸の痛みには、皮膚の病気が原因のことも。チェックにあてはまったら皮膚科を受診しましょう。

1)胸にチクチクした痛みがあり、発疹が出る病気は

胸にチクチクした痛みを感じる場合「帯状疱疹」の可能性があります。これは水痘ウイルスが原因で起こる症状で、特徴的なのが、帯状の水ぶくれのような発疹です。多くの場合、体の右半身か左半身の、どちらか一方だけに現れます。この疱疹が現れる前に、胸の痛みが出ることが多くあります。また、疱疹が出たあとは神経の痛みとともに、触れると痛みを感じます。治療が遅れると、神経障害や帯状疱疹後神経痛などに悪化していくので、早めの治療が大切です。体が弱っているときに発症しやすいので、帯状疱疹にかかったら安静に過ごしましょう。

原因:帯状疱疹

治療法:薬物療法

チェック法: 胸のチクチクする痛み、痛痒い、胸の片側に帯状の発疹が出る

関連する病気: 帯状疱疹

整形外科を受診すべき胸の鈍い痛みは?

胸の鋭い痛みには、外傷や、肋骨近くの神経が原因となることがあります。こうした症状の場合は、整形外科を受診してください。

1)咳をしたり、上半身をねじると痛みを感じる場合

肋骨にひびが入ったり、骨が折れる「肋骨骨折」が原因のとなる胸の痛み。上半身をひねったり、咳をして骨がずれると激痛が走るといったことがあります。しかし、ずれていなければ痛みがあまり出ないため、骨折に気づかない場合も。転んで打ったといった外傷によるものでない、激しい咳などが原因のものを「疲労骨折」と言います。高齢者の場合は、くしゃみをしただけで骨折することも。肋骨は肺の動きに合わせて柔軟に開閉するやわらかい作りのため、骨折しやすい部分です。症状には、くしゃみや咳をすると胸が痛む。息苦しかったり、息をすると違和感があることも。

原因:肋骨骨折

治療法:バストバンドなどで胸を固定する

チェック法:胸の痛み、息苦しさ、呼吸での胸の違和感、くしゃみ、咳

関連する病気: 肋骨骨折

2)肋骨に沿って胸に痛みが走る場合は

肋骨の間や、肋骨に沿って特定の部位に痛みが出る場合「肋間神経痛」の可能性があります。これは肋骨に沿って走る神経の異常が原因です。針で刺されたような鋭い痛みがあり、多くの場合は胸の左右どちらかに起こります。また、体をひねったり伸ばすと痛みを感じることも。腫瘍やヘルニアで神経が圧迫されている場合は検査でわかりますが、ストレスが原因で筋肉から神経の圧迫が起こっている場合など、はっきりと原因が特定できないことも。心の問題が原因となる「心臓神経症」との見分けが難しく、病院によって違う診断がされることもあるようです。

原因:肋間神経痛

治療法:消炎鎮痛剤や湿布、神経ブロック注射、外傷による場合はバストバンドで肋骨を固定

チェック法:肋骨の間や肋骨に沿って特定の部位に痛みが走る、胸の左右どちらかが痛む、体をひねったり伸ばすと痛みを感じる

関連する病気: 肋間神経痛

心の問題が原因の胸の痛み

胸の痛みには、心の不安など精神面が原因で起きる場合もあります。胸部の痛みの他、動悸や息苦しさなど、狭心症や心筋梗塞と症状が似ています。緊急性が高いのは心臓や肺の症状なので、まず内臓の病気がないか調べて、異常が見つからなければ、精神科や心療内科を受診しましょう。

1)胸の痛い場所がわかる、安静時に痛む場合に考えられる病気

過労やストレスが原因の精神疾患で胸の痛みが出るのが「心臓神経症」です。症状が出た後「心臓の病気では」と不安になり、これが原因となって痛みが悪化する人もいます。心臓病との違いの特徴として、胸の痛い場所が特定できることがあげられます。心臓の疾患が原因の場合は、胸のあたりが痛いと感じますが、胸のどの部分かは特定できません。また、心臓の病気は痛みが短時間で消えますが、心臓神経症の場合、一日中など長時間痛みが続くことも。また、胸を抑えると痛みが強くなり、手でさすると楽になるという特徴もあります。心臓の症状は、体を動かしているとき起こることが多いですが、心臓神経症は体の動きと関係なく現れます。ほかに、胸痛、動悸、息切れ、呼吸困難、めまいなどの症状を併発することも。なお、月に2回以上起こる場合は、まず循環器専門の病院を受診して。発作の出ていない時に調べても異常が見つからないことが多いので、発作の起きた日時や、どんな症状になったかをメモしておいて、受診してください。

原因:心臓神経症

治療法:薬物療法

チェック法:痛い場所が特定できる胸の痛み、長く続く胸の痛み、動悸、息切れ、呼吸困難、めまい

関連する病気: 心臓神経症

2)胸の痛みと共に、動悸・不安感・めまい・呼吸困難などが起こる

胸が締めつけられるような痛み、チクチクした痛みを感じる病気に「パニック障害」があります。精神疾患で、脳神経の異常が原因とされています。胸の痛みの他、不安感や恐怖感、動悸、めまい、息苦しさなどの症状も起こります。パニック障害の発作は、その場から移動できない場所や、閉鎖された空間で起こりがちです。たとえば、電車や飛行機に乗っているときや、エレベーター、映画館の中などです。ただし、パニック障害の胸の痛みや他の諸症状は、狭心症や心筋梗塞とも似ています。まずは緊急性の高い心臓の状態のチェックを優先しましょう。

原因:パニック障害

治療法:薬物療法、認知行動療法

チェック法:胸が締めつけられるような痛み、胸のチクチクした痛み、不安感や恐怖感、動悸、めまい、息苦しさ

関連する病気: パニック障害

【まとめ】

鋭い胸の痛みを伴う胸痛は、心筋梗塞や大動脈解離といった、死につながる危険な病気が原因の場合が多くあります。心因性のパニック障害や、風邪の症状に似ていたとしても、緊急性の高い心臓や肺の専門医をまず受診しましょう。

「胸痛」に関するおすすめ記事

胸痛,心筋梗塞,狭心症,自然気胸の関連コラム

佐藤健や相葉雅紀が患った「自然気胸」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

どんな病気? 自然気胸は、外傷などの明らかな原因もなく突然肺に穴が開いて空気が漏れ、激しい胸痛、乾いたせき、呼吸困... 続きを読む

狭心症・心筋梗塞の原因は? 予防のための11個のポイント

日本人の死亡原因の第2位は心臓病。なかでも多いのが狭心症と心筋梗塞です。中高年に多い病気ですが、最近は若い人にも増えて... 続きを読む

若い世代に増える心筋梗塞-動脈硬化を予防する4つのポイント

心筋梗塞というと50歳以上の中高年の病気というイメージが強いかもしれませんが、最近は30~40歳代で心筋梗塞を発症する... 続きを読む

健康用語の解説 狭心症

心臓の筋肉(心筋)には、心臓に巻きつくように走っている冠動脈によって血液が運ばれているが、この冠動脈... 続きを読む

メタボリックシンドロームってなに? 心筋梗塞や脳卒中の危険因子に

腹部肥満、高血圧、高脂血症、高血糖が重なると、一つひとつは軽度であっても心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高まることは、1... 続きを読む

見逃されやすい「仮面高血圧」脳卒中や心筋梗塞のリスクも

病院や診療所などで血圧を測ると正常なのに、家庭や職場などふだんの生活のなかで測ると高い値を示す人がいます。このようなケ... 続きを読む

パニック障害、13の症状でセルフチェック-動悸・発汗・胸痛など

特別な理由も何の前触れもなく、突然激しい動悸(どうき)や息苦しさに襲われ、死ぬかと思うような恐怖を感じる……。そんな症... 続きを読む

【図解付き】心臓の病気の仕組み・心筋梗塞・虚血性心疾患・狭心症

ある日突然、「このまま死んでしまうのではないか?!」と思うほどの胸痛発作におそわれる……。そんな激しい胸痛が30分以上続き、時に致命的となる疾病が「心筋梗塞」です。日本人の死因、第2位を占める心臓病... 続きを読む

健康用語の解説 自然気胸

肺の空気が漏れ、胸腔(きょうくう:肋骨や胸骨などによって囲まれ、心臓や肺が収まっている空間)にたまっ... 続きを読む

健康用語の解説 心筋梗塞

心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給する冠動脈が動脈硬化を起こし血液循環が閉ざされる状態が続くと、そこから... 続きを読む