いきなりグンと熱が上がる高熱も怖いけれど、ジワジワと微熱が続くのも嫌なものですよね。微熱に加えて全身のだるさや倦怠感があると、仕事や日常生活にも差し障りが出てきます。早朝になると体温が下がり、夕方に上がるというような時間的変化や、個人差はありますが、一般に微熱とは37 〜38度の発熱を意味します。微熱が発生する場合、なんらかの病気が関与していることがほとんどです。ここでは、微熱や倦怠感を起こす病気として知っておきたいものを紹介します。
生月 弓子先生(ミッドタウンクリニック)
信州大学医学部 卒業
東京大学 大学院 卒業
医学博士 日本産科婦人科学会 認定医
婦人科(子宮、卵巣)癌検診、健康相談、また避妊、低用量ピル、緊急避妊ピル、月経調節、月経困難症、過多月経、月経異常、不正性器出血、月経前症候 群、子宮筋腫、子宮内膜症、婦人科腫瘍、更年期症状、掻痒感、性感染症、不妊、妊娠などの一般産婦人科診療、セカンドオピニオンも行っている。

感染症が原因で起こる微熱と倦怠感

一般的な感染症といえば、風邪。風邪を引いて微熱が続いたという経験は、きっと多くの人が持っているでしょう。しかし、そのほかにも感染症が原因で起こる病気にはさまざまなものがあります。次のような症状がみられたら、注意が必要です。

1)微熱や倦怠感のほか、嘔吐、下痢なども見られる

微熱や倦怠感に加えて、突然、嘔吐や下痢が始まったら、感染症腸炎かも知れません。これは、ウイルスや細菌に感染したことが原因で起こることが多く、特にストレスなどで免疫機能が低下している時に発症しやすいとされています。ウイルスや細菌に感染してから発症するまでの潜伏期間はさまざまで、たとえば、ノロウイルスの潜伏期間は1~2日、ロタウイルスでは1~3日とされています。症状がみられたら、まずは脱水症状に気をつけること。下痢がひどい場合でも、下痢止めの薬を使うことは、体内からウイルスや最近の排出を妨げることになるのであまりお勧めできません。

原因:感染症腸炎

治療法:自然治癒、必要に応じて薬物療法

チェック方法:突然の下痢、嘔吐、微熱、倦怠感

関連する病気: 感染症腸炎

2)37~38度の発熱とともに乾いた咳が出た。解熱しても、咳が長く続く

熱が下がってもしつこく咳が続く場合は、マイコプラズマ肺炎にかかっているかもしれません。肺炎はウイルス性、細菌性、マイコプラズマ肺炎に分類され、ウイルス性肺炎はインフルエンザが代表例。また、細菌性肺炎は三種の中で最も症状が重く、いきなり40度前後の高熱を出すのが特徴です。そして、マイコプラズマ肺炎の特徴は、微熱としつこい咳で、子どもの罹患率が非常に高くなっています。微熱が引いても1ヶ月以上、咳が続く場合は肺炎を起こしている可能性が高いので、症状が気になる場合はできるだけ早めに病院で診察を受けましょう。

原因:マイコプラズマ肺炎

治療法:薬物療法

チェック方法:咽頭痛、鼻水、鼻づまり、微熱、咳、痰のからむ咳

関連する病気: マイコプラズマ肺炎

3)発熱、咳、倦怠感など風邪とよく似た症状が2週間以上続く

咳や微熱など、風邪のような症状が2週間以上続く場合は、肺結核かもしれません。かつては、不治の病として知られていた肺結核。現在でも罹患率は低くなったとはいえ、まだ発症する人は少なくありません。肺結核は結核菌が肺のなかに入ることによって発症し、肺の内部で炎症を起こします。この炎症が進むと肺が破壊されて呼吸困難になり、死に至ることも。結核菌は空気感染によって広がります。実際は、感染していても免疫力が十分であれば、発症には至りません。しかし、風邪のような症状が2週間以上続いたり、血痰がでたり、喀血したりする場合は、周囲の感染を防ぐためにも早めに医師の診断を受けましょう。

原因:肺結核

治療法:薬物療法

チェック方法:微熱、倦怠感、咳、血痰、喀血

関連する病気: 肺結核

こんな症状がみられたら早めに医療機関へ! 慢性化しやすい病気

そのほか、免疫異常や甲状腺機能の異常によっても、微熱と倦怠感は起こります。代表的なものを紹介します。

1)微熱や倦怠感に加えて、手足の関節が腫れたり痛んだりする

微熱や倦怠感の発症に加えて、手足の関節が腫れて痛んだりする場合は、関節リウマチかもしれません。関節リウマチは関節に炎症が起こって腫れたり、痛んだりする病気のこと。症状は関節だけに現れるのではなく、微熱、倦怠感、食欲不振など全身に見られます。関節のこわばりは特に朝に見られ、症状が左右対称に起こるのも特徴。30〜50歳代の女性に多く、原因はウイルスや細菌感染による免疫異常とされています。治療を受けずにいると、関節が破壊されて変形し、寝たきりになってしまうこともありますから、早めにリウマチ専門医、あるいは内科医や整形外科医による診察を受けましょう。

原因:関節リウマチ

治療法:薬物療法、外科手術、理学療法

チェック方法:微熱、倦怠感、関節の腫れや痛み

関連する病気: 関節リウマチ

2)微熱や全身倦怠感のほか、手や指の腫れ、関節炎が見られる。また、頰に赤い発疹ができる

発熱、全身倦怠感、食欲不振など全身の症状のほか、頰に蝶が羽を広げたような形の赤い発疹が見られたら、全身性エリテマトーデスかもしれません。これは免疫異常によって起こる疾患ですが、まだ、正確な原因は解明されていません。症状は全身に及び、貧血や手足のけいれん、認知機能の低下、うつ状態、タンパク尿・血尿などさまざまであることも、この病気の特徴です。病気を発症する誘引としては、紫外線、風邪などのウイルス、怪我、外科手術、妊娠・出産などが挙げられます。とくに20〜30代の女性に多く、女性ホルモンと発症の関連性も示唆されています。国から難病指定を受けている病気の一つで、良くなったり悪くなったりする状態を繰り返し、病気が慢性化することが多いとされています。しかし、早期診断と速やかな治療開始で、全身性エリテマトーデスの予後が良くなることもわかっています。この病気が疑われる場合は、早めに膠原病の専門医がいる病院で診察を受けることをお勧めします。

原因:全身性エリテマトーデス

治療法:薬物療法

チェック方法:微熱、全身倦怠感、蝶型紅斑、関節炎、貧血、タンパク尿、うつ状態

関連する病気: 全身性エリテマトーデス

3)微熱、倦怠感に加えて、動悸、息切れ、疲労感も。体重が減少し、目が飛び出てきた感じがする

このような症状が見られたら、甲状腺機能亢進症であるバセドウ病かもしれません。甲状腺とは、喉仏のすぐ下にあり甲状腺ホルモンを分泌する器官です。甲状腺ホルモンは体の発育を促進したり、体温を調節したり、新陳代謝を促進したりする働きがあるのですが、免疫の異常によってこの甲状腺の活動が活発になりすぎてしまい、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるようになることを甲状腺機能亢進症と言います。この甲状腺機能亢進症は女性に発症しやすく、その代表例がバセドウ病です。バセドウ病を発症すると、甲状腺が腫れたり、脈が早くなったりするほか、動悸、手の震え、多汗などの症状が現れます。また、目が飛び出てくるのも代表的な症状の一つです。精神的にも不安定になり、イライラしたり、落ち着きがなくなったりすることも。しかし、適切な治療を受ければ症状を改善することはできますし、日常生活に支障をきたすこともなくなります。症状が見られたら、早めに甲状腺専門医へ相談しましょう。

原因:甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

治療法:薬物療法

チェック方法:微熱、倦怠感、動悸、息切れ、疲労感、多汗、体重減少、暑がり、眼球突出、イライラ、不眠

関連する病気: 甲状腺機能亢進症

【まとめ】

微熱や倦怠感は命の危険をもたらすような、重篤な症状ではありません。しかし、その影には大きな病気が潜んでいることも多く、そのサインを見逃さないことが、健康維持には大切です。また、心理的なストレスや疲労が微熱や倦怠感の原因になっていることも少なくありません。微熱や倦怠感が続くときは、まずしっかり休養をとること。それでも症状が改善しなかったり、他に気になる症状が見られたりする場合は、早めに医師の診察を受けましょう。

「発熱」に関するおすすめ記事