肥満について

肥満とは、体内の脂肪組織が異常に増加した状態を指します。やせは体重が異常に減少した状態です。正確には体脂肪量を測定して判定しますが、日常では普通、BMI(ボディマス指数)で判断します。BMIは、体重(㎏)を身長(m)の2乗で割った数値で、25以上を肥満、18・5未満をやせ(低体重)と判定します。身長(m)の2乗に22をかけた数値が標準体重です。

肥満のいちばんの問題点は、肥満によって糖尿病などの重大な病気を合併しやすくなること。一方、やせの場合は、その背景に何らかの病気の存在が疑われることです。急速な体重の増減はもちろん、徐々にでも変化があるようなら一度検査を受けてください。

肥満がなぜ問題になるかといえば、さまざまな生活習慣病の温床となるからです。主な病気をあげれば、まず代謝異常としての2型糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症・痛風。循環器系では高血圧、狭心症きょう/しん/しょうや急性心筋梗塞しん/きん/こう/そく、脳血管系では脳梗塞や脳出血、呼吸器系では睡眠時無呼吸症候群・ピックウィック症候群、消化器系では脂肪肝、骨・関節系では変形性しつ関節症など。加えて、子宮がん、乳がん、大腸がん、前立腺がんなどのがんも肥満によって起こりやすくなると報告されています。

肥満は、体重だけでなく腹部の体型にも注意する必要があります。肥満には、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があります。

肥満から考えられる主な病気

肥満を起こす主な病気

気になる症状 疑われる病気名
顔がむくんで赤ら顔、手足が細くなる、おなかは太る、にきび、月経異常
汗をかかない、寒がり、顔や手足のむくみ、皮膚乾燥、脱毛、声がれ
動悸、頻脈、発汗、見当識障害、性格変化、過食
多尿、多飲、多食、疲れやすい
無月経、不妊、多毛・にきび・低声音などの男性化
  • 多嚢胞性卵巣症候群
その他
  • ステロイド薬・抗うつ薬などによる薬剤性肥満、遺伝性肥満