やせについて

肥満とは、体内の脂肪組織が異常に増加した状態を指します。やせは体重が異常に減少した状態です。正確には体脂肪量を測定して判定しますが、日常では普通、BMI(ボディマス指数)で判断します。BMIは、体重(㎏)を身長(m)の2乗で割った数値で、25以上を肥満、18・5未満をやせ(低体重)と判定します。身長(m)の2乗に22をかけた数値が標準体重です。

肥満のいちばんの問題点は、肥満によって糖尿病などの重大な病気を合併しやすくなること。一方、やせの場合は、その背景に何らかの病気の存在が疑われることです。急速な体重の増減はもちろん、徐々にでも変化があるようなら一度検査を受けてください。

過労や睡眠不足、精神的ストレス、運動のしすぎ、偏食など病気ではなくてもやせますが、やせの場合は肥満と異なって、その基礎にやせる原因となる病気のあることが少なくありません。

食欲が低下してやせてきた時は、主に胃腸や肝臓、膵臓すい/ぞうなど消化器系の病気などが考えられます。どの病気もさまざまな症状を示しますが、がんの場合、やせのみが主症状のこともあります。

そのほか、胃や腸などが障害されると食物の消化吸収が低下してやせてきますし、甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫、さらに肺結核などの慢性感染症があると、エネルギーの消費量が増加してやせが起こってきます。やせを自覚したら早めに受診し、原因を解明することが何より大切です。

体重減少から考えられる主な病気

食欲低下による食事摂取量の減少

気になる症状 疑われる病気名
食欲低下による食事摂取量の減少
精神的要因

食物の消化吸収障害によるもの

気になる症状 疑われる病気名
食物の消化吸収障害によるもの

代謝亢進によるエネルギーの消費増大によるもの

気になる症状 疑われる病気名
代謝亢進によるエネルギーの消費増大によるもの

栄養素の利用障害によるもの

気になる症状 疑われる病気名
栄養素の利用障害によるもの

その他

気になる症状 疑われる病気名
その他