のどの異常について

鼻に起こる症状には、鼻みず、鼻づまり、鼻血、鼻の痛み、嗅覚異常などがあります。これらのなかで、とくに注意したいのは鼻血です。鼻以外の血液や循環器系などの病気でも出現することがあるからです。一方、のどに起こる症状は、痛み、嚥下(えんげ)障害(食べ物がのみ込みにくい)、声がかれるなどです。嚥下障害は、脳血管や神経、筋肉、食道などの病気の重要なサインでもあります。

のどの異常から考えられる主な病気

のどの痛み、嚥下痛

気になる症状 疑われる病気名
発熱
呼吸困難、喘鳴、窒息
頸部リンパ節のはれ
難聴
声がれ

嚥下障害

嚥下とは、食べ物をのみ込むこと。この嚥下に障害があると、食べ物がのみ込みにくくなる(嚥下困難)、のみ込む時にむせる(誤嚥ご/えん)などの症状が出ます。

嚥下障害を起こす病気はいろいろありますが、なかでも脳梗塞などの脳血管障害、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症などの神経・筋肉の病気、食道がんなどの食道の病気でよく現れます。

気になる症状 疑われる病気名
胸焼け、のどの違和感、胸痛、吐き気
胸骨部の痛み、嘔吐
体重減少、胸痛・背部痛、声がれ
いびき
意識障害、片麻痺、感覚・言語障害、複視
四肢の筋力低下、複視、不整脈
視力低下、しびれ感、感覚低下、手足の脱力

声がれ

声がそれまでと違って、かれたり、しゃがれたりすることを嗄声さ/せいといいます。生まれつきかれている人はまずいないので、嗄声になってきたら何らかの病気が疑われます。多くはのど(声帯)の病気で起こり、喉頭がんでは嗄声が早期発見の重要な手がかりです。嗄声に気づいたら、まず耳鼻咽喉科を訪れてください。

気になる症状 疑われる病気名
咳、のどの異物感
嚥下困難、血痰
喘鳴
声が出なくなる、呼吸困難
発熱、犬の吠え声のような咳
のどの違和感、発声時の違和感
声が鼻にもれる、肩が痛い、嚥下困難