子供の症状について

子どもの体は、大人の体をただ小さくしたものではありません。同じ病気にかかっても、大人の場合がそのまま子どもにあてはまるわけではありません。病気から体を守る免疫力も大人のように十分に備わっていませんし、病気のはじまりも急で、経過も早いことが多いのです。加えて、子どもの月齢や年齢によって特有のいろいろな病気のあることも、十分に知っておく必要があります。ここでは、子どもによく起こる主な症状と病気についてみていきましょう。

子供の目・耳・鼻から考えられる主な病気

眼がおかしい

眼の病気はたくさんありますが、ここでは弱視についてみていきます。

弱視とは、眼鏡で矯正きょう/せいしても視力が出ない状態です。視力は8歳くらいまでに完成しますが、この期間内に遠視や乱視、斜視しゃ/し、まぶたの腫瘍、眼瞼下垂がん/けん/か/すいなどがあると弱視になります。

両眼とも弱視なら周囲も気づきやすいのですが、問題は片側だけの弱視です。この場合、一般に不自由を訴えないことが多く、しかし、この時期までに片眼弱視を発見し、視力を正常あるいはそれに近い状態にしておかないと、一生正しい両眼機能を得られなくなってしまうからです。とくに小児の場合、自分ではほとんど異常を表現することができないため、周囲の人の観察が何より重要となります。

気になる症状 疑われる病気名
充血
流涙、目やに
異物感
まぶしい、痛み
まばたきが多い
かゆみ、むくみ、鼻みず、くしゃみ
まぶた~頬~鼻部の発赤・痛み・はれ、発熱
発熱、舌がイチゴ様、全身の発疹・かゆみ、手足の硬いはれ
物がよく見えない、ぼやける、ピンボケ、眼の疲れ
左右の眼が違う方向を向いている
物がよく見えない、眼鏡をかけても正常な視力が得られない
まぶたが上がりにくい(眼が十分に開きにくい)、あごを上げる姿勢
5歳以下、瞳が白あるいは黄白色(キャッツアイ)、斜視
視力低下
暗いところで見にくい、視野狭窄、まぶしい
見たいところが見えない、眼を動かすと眼の奥が痛い
光を嫌がる、涙が多い、まぶたのけいれん、角膜拡大

耳がおかしい

近年、小児に増えている耳の病気に滲出しん/しゅつ性中耳炎があり、中耳に液体がたまっている状態です。自覚症状は難聴くらいで、それも強いものではないため、小さな子どもではなかなか異常を訴えず、しかし難聴が長い間続くと言語の発達や発音に大きな影響を及ぼすため注意が必要です。

テレビの音を大きくする・近くで見ている、呼んでもすぐ返事をしないなど普段と違う様子がみられるようになったら、一度耳鼻科で診てもらってください。

気になる症状 疑われる病気名
耳の痛み、耳だれ、耳閉感、難聴
かゆみ 灼熱感
発熱
ほとんどが急性中耳炎に引き続いて起こる、難聴

鼻がおかしい

鼻の症状では、鼻血、鼻みず、鼻づまり、鼻がかゆいなどがありますが、やはり鼻血にいちばん注意を。

子どもはよく鼻血を出します。のぼせたり、チョコレートを食べすぎたり、かぜや鼻炎にかかればなおさらですが、普通は短時間でとまることが多く、あまり心配はありません。しかし、だらだらと鼻血が出てなかなかとまらない時、とくにその量が多いなら白血病など血液の病気の疑いもないとはいえませんので、必ず病院で検査してもらいましょう。

気になる症状 疑われる病気名
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、アレルギー性結膜炎症状
鼻づまり、鼻みず、いびき、口呼吸
鼻血がなかなかとまらない、紫斑、発熱、顔色不良、骨・関節痛