女性に特有の症状について

女性に特有の症状には、乳房、子宮・腟(ちつ)・卵巣などの病気や、月経の異常、妊娠や出産の異常などからくるものがあります。ここでは、そのなかから月経の異常、不正性器出血、おりもの、下腹部痛、乳房の病気についてみていきます。

月経とは、子宮内膜からの周期的出血で、月経の第1日から次の月経が始まる前日までの日数を月経周期といいます。月経周期は25〜38日の周期で、かつ1周期ごとの変動が6日以内が正常周期とされています。月経持続日数は3〜7日間が正常とされています。これらの範囲以外の時に月経異常といいます。

月経異常から考えられる主な病気

月経がおかしい

周期の異常

・原発性無月経……18歳になっても月経が始まらない状態。

・続発性無月経……周期的にあった月経が3カ月以上とまっている状態。妊娠や出産後の授乳期の無月経は除きます。

稀発き/はつ月経……周期が39日以上。

頻発ひん/ぱつ月経……周期が24日以内。

血量の異常

・過多月経……血量が異常に多い状態。

・過少月経……血量が異常に少ない状態。

持続日数の異常

・過長月経……月経が8日以上。

・過短月経……月経が2日以内。

初経の異常

・早発月経……10歳未満で初経が起こる。

・遅発月経……15歳以上で初経が起こる。

月経困難症・月経前緊張症

月経困難症とは、いわゆる生理痛のことです。月経に伴う下腹部痛や腰痛、頭痛、下痢、発熱、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。若い女性ではかなりの頻度で起こりますが、年齢とともに、また出産回数とともに減っていきます。たいていは自然に治まり、問題はありませんが、なかには子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などの可能性もあるので、一度受診してください。

一方、月経前緊張症(月経前症候群)とは、月経前の3日〜10日くらいの間に認められる身体的・精神的症状のことです。主な症状には、むくみ・腹部膨満感・乳房緊満感などの水分貯留症状、頭痛・腹痛・腰痛などの疼痛症状、食欲不振・めまい・倦怠感などの自律神経症状、情緒不安定・抑うつ・不安・睡眠障害などの精神症状があります。これらは月経が始まると治まり、普通は日常生活に支障のない程度のものですが、時には強度に現れることがあります。日常生活に支障があるようなら、やはり一度受診しましょう。

気になる症状 疑われる病気名
18歳を過ぎても初経がない:原発性無月経
3カ月以上月経がない:<続発性無月経
周期が長い:<稀発月経
周期が短い:<稀発月経
月経血量が多い:<過多月経
月経血量が少ない:<過少月経