女性に特有の症状について

女性に特有の症状には、乳房、子宮・腟(ちつ)・卵巣などの病気や、月経の異常、妊娠や出産の異常などからくるものがあります。ここでは、そのなかから月経の異常、不正性器出血、おりもの、下腹部痛、乳房の病気についてみていきます。

女性性器にはたくさんの分泌腺があり、そこからの分泌物(おりもの)が腟口から出てきたものを帯下たい/げといいます。

腟のなかは強い酸性になっています。腟口は、尿道と肛門の間に開いているため汚れやすく、内部に大腸菌などが入りやすいのですが、強い酸性のおかげで有害な菌から内部を守り、清潔に保つことができるようになっています。正常なおりものは、白くて薄いのり状またはクリーム状で、下着について乾くと、淡黄色ないしは褐色という状態が目安です。

おりものの色やにおい、量は、人によって、また年齢などによってもかなり差がありますし、さらに排卵時には量が増えてきます。感じ方もさまざまで、ちょっとした変化でも病気ではないかと心配する人もいますが、たいていは気にするほどではありません。

病気によるおりものは、その多くが腟や子宮の炎症、びらんによるものですが、がんが原因の場合もあります。色、におい、量や随伴する症状をあわせて調べることで、原因疾患のおおよその見当をつけることができます。

おりものの異常から考えられる主な病気

外陰部のかゆみ・はれ・発赤・灼熱感など

気になる症状 疑われる病気名
白色の酒かす状・チーズ状のおりもの
粥状・酒かす状のおりもの、外陰部周囲の紅斑・小膿疱
悪臭の強い、時に膿性・泡沫状のおりもの
黄色で膿性のおりもの、排尿痛、下腹部痛、発熱
黄色調でやや膿性のおりもの・悪臭、不正性器出血、排尿困難、性交痛
外陰部のいぼ

大量の黄色いおりもの、子宮の内面が腟外に脱出、性交後や排尿・排便時の出血

疑われる病気名

膿性・粘液性のおりもの、排尿痛、下腹部痛、発熱

疑われる病気名