女性に特有の症状について

女性に特有の症状には、乳房、子宮・腟(ちつ)・卵巣などの病気や、月経の異常、妊娠や出産の異常などからくるものがあります。ここでは、そのなかから月経の異常、不正性器出血、おりもの、下腹部痛、乳房の病気についてみていきます。

下腹部痛も、女性の病気でよくみられる症状です。月経と関連はないか、発症は突然か、随伴症状はないかなどに注意しましょう。下腹部痛は、そのほか泌尿器や消化器などの病気でも起こります。

近年、女性の病気として増加しているものに子宮内膜症があります。これは、子宮内膜あるいは子宮内膜とよく似た組織が、子宮の内腔以外(骨盤内、卵巣内など)に発生し、エストロゲンの刺激を受けて増殖する病気です。

主な症状は、月経困難症、下腹部痛、性交痛、排便痛などです。放置しておくと、不妊の原因になったり、がん、とくに卵巣がんへ移行することもあるので、痛みが続くようなら受診するようにしましょう。

下腹部痛から考えられる主な病気

下腹部痛

気になる症状 疑われる病気名
発熱、下腹部を押して離すと痛む、気分不快、嘔吐
月経血量の増加、動悸・息切れなど貧血症状、下腹部の腫瘤・膨満感、腰痛、不正性器出血、排尿障害、不妊
下腹部の不快感、発熱、膿性のおりもの、不正性器出血
黄色で膿性のおりもの、排尿痛、下腹部痛、発熱
突然の下腹部痛、腟付近の膨満感、大量不正性器出血、ショック
月経困難症、性交痛、排便痛、不妊
発熱、悪感、ふるえ、吐き気・嘔吐
下腹部膨隆、腹部膨満感、不正性器出血、おりもの、便秘、頻尿
月経痛、慢性骨盤痛、性交痛