女性のADHDチェック

ADHDは、「不注意」「多動性」「衝動性」の3つの特性を持つ発達障害です。しかし、女性の場合は特性のあらわれ方が男性と異なる人が多いため、幼児期から学童期には見過ごされがちです。例を挙げるなら、男性のADHDでは「多動性」「衝動性」が強い人が多いのに対し、女性のADHDは「不注意」が強い場合が多いようです。しかし、成長とともに女性のADHD特有の「集中できない」「整理整頓ができない」などの症状で、生きづらさが表面化し、苦しみ、悩んで自信を喪失してしまうことがあります。「もしかしてADHD?」と気になった女性は、女性のADHDでみられる特徴を挙げたこのチェックリストを参考にしてください。

  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q
  • Q