下痢止め(止瀉(ししゃ)薬)はむやみに使わない-乳幼児の[下痢・便秘]対処法


  • 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」
  • 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長

 下痢は、腸の中にたまった悪いものを、いち早く、からだの外へ出したいという自然な反応です。特に細菌性の胃腸炎では、下痢止めを使うと細菌がいつまでも体内にとどまり、かえって全身状態を悪くすることもあります。ママやパパの勝手な判断で下痢止めの薬を飲ませずに、医師に相談しましょう。

下痢止め(止瀉(ししゃ)薬)はむやみに使わないイラスト1


その他の記事 - 赤ちゃん/乳幼児の病気の知識と手当ての基本
その他の章の記事 - らくらく育児百科