アレルギー症状緩和、発症予防の方法-乳幼児[アレルギー性の病気]対処法


  • 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」
  • 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長

  環境や食生活の変化から、アレルギー性の病気で悩む人が増えています。赤ちゃんや幼児の年齢では特に、皮膚が刺激に弱いことや胃腸の消化能力がじゅうぶんでないなどで、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそくなど、アレルギー性の病気が起こることがあります。

 アレルギー性の皮膚炎や気管支の病気を起こしたことのある赤ちゃんや幼児でも、からだの抵抗力をつけ生活の環境を整えることで、しだいに症状を軽くしたり、発症自体を抑えることができます。

人間のからだには、抗原抗体反応というしくみがあり、ウイルスや細菌などの異物(抗原)からからだを守ってくれています。しかし、その免疫が異常に強く起こって、自分のからだを傷つけてしまうことがあります。これを「アレルギー反応」といい、アレルギー反応を起こす抗原を「アレルゲン」と言います。

 一般にアレルギー性の病気と言われているものは、アレルギー性鼻炎、花粉症、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシー・ショック、じんましん、接触性皮膚炎などがあります。

アトピー素因は受け継がれやすい

 アレルギー性の病気のある赤ちゃんや幼児の家族を調べてみると、パパやママ、兄弟も、同じようなアレルギー性の症状を持っていることがあります。といっても、アレルギー性の病気そのものが遺伝するわけではなく、アレルギー反応を起こしやすい素因(アトピー素因)が受け継がれやすいと言われています。

 アトピー素因があるからといって、必ずアレルギー性の病気を起こすわけではなく、またアレルギー性の病気を起こしてもアトピー素因が特定されない場合もあります。

 とはいえ、心配があったらまずハウスダスト(カビ、ダニ、人毛、獣毛、フケなど)を減らすように、こまめに掃除をしてみましょう。

 また、薄着にしたり、睡眠をじゅうぶんにとるなどの工夫をして、病気に対する免疫力を高めるようにしていきましょう。


その他の記事 - 赤ちゃん/乳幼児の病気の知識と手当ての基本
その他の章の記事 - らくらく育児百科