心配な腹痛、心配ない腹痛の見分け方-乳幼児の[腹痛]対処法


  • 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」
  • 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長

心配ない腹痛

・排便が近いとき、便秘のときにも、腹痛をうったえることがあります。おなかを「の」の字にマッサージしてあげると、きげんがよくなってうんちやおならが出るなら安心です。

心配な腹痛-心配ない腹痛の見分け方イラスト1

・おなかの病気はないのに、食後や排便の前に腸が動くことに不快を感じる子どもがいます。ウイルス性腸炎に感染し、治ったあとに、たびたびおなかが痛くなるようなら「過敏性腸症候群(IBS)」の場合もあります。ママとパパもあまり神経質にならずに、心の安定を一番に考えてあげるようにしましょう。

心配な腹痛-心配ない腹痛の見分け方イラスト2

心配な腹痛

 腹痛を知らせるサインが、鼻水、せき、発熱、下痢のどれかといっしょになっていたら、病気の始まりと考えましょう。 

・転げまわって泣き、発熱があって、痛みがだんだんひどくなり、吐き気があるとき

 このような場合は、急性虫垂炎(盲腸炎)の可能性があります。虫垂炎のときは、お腹を温めてはいけません。急いで医師の診察を受けましょう。

心配な腹痛-心配ない腹痛の見分け方イラスト3

・おなかが痛そうなようすで泣いたり、泣きやんだりを繰り返すとき

 赤ちゃんの腹痛で、一番心配な病気、腸(ちょう)重積(じゅうせき)の可能性が強いです。急いで医師に診てもらいましょう。

心配な腹痛-心配ない腹痛の見分け方イラスト4


その他の記事 - 赤ちゃん/乳幼児の病気の知識と手当ての基本
その他の章の記事 - らくらく育児百科