ちょっと心配! 泣かない赤ちゃん-乳幼児の[泣く]対処法


  • 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」
  • 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長

 赤ちゃんが一生懸命泣いているのに、誰もかまってあげないのはいいことではありません。赤ちゃんは、「誰かが自分のために来てくれる」と期待して泣いているのです。抱っこしてあげるなどして「自分のメッセージが、パパやママにちゃんと伝わっているんだ」という安心感をもたせてあげましょう。

ちょっと心配! 泣かない赤ちゃん

 たまにですが、泣かない赤ちゃんもいます。おとなしい子と感じるだけでなく、笑うことも少ないし、ママやパパと目線も合わず、コミュニケーションがとれないときは、ちょっと心配です。一度、医師に相談しておくといいでしょう。

 また、泣いていた赤ちゃんが、急に泣かなくなってぐったりしたら、具合が悪いという赤ちゃんからのSOSです。すぐに小児科の医師に診てもらいましょう。

ちょっと心配! 泣かない赤ちゃんイラスト1

あやしてコミュニケーション

 赤ちゃんを、上手にあやすコツを紹介しましょう

①赤ちゃんの背中やおなかを軽くポンポンとリズミカルにたたいてあげましょう。それだけで気持ちよくなって泣きやむこともあります。

②抱っこをしてゆすってあげるのは最高のサービスです。「あなたには、ママやパパがいるのよ!」とやさしく抱いてあげて、ママやパパの存在感を全身で感じさせてあげましょう。

③赤ちゃんの注意をほかのことに向けて気をそらすのも効果があります。絵本を見せたり、おもちゃを与えたりして、関心をひいてみてください。

④おなかがすいていないときでも、おっぱいやミルク、湯ざましなどを少し飲ませると泣きやむことがあります。赤ちゃんも気分転換したいときがあるのでしょう。

赤ちゃんを-上手にあやすコツ


その他の記事 - 赤ちゃん/乳幼児の病気の知識と手当ての基本
その他の章の記事 - らくらく育児百科