体位性蛋白尿

池住洋平

 体位性蛋白尿は、安静にすれば2時間以内には蛋白尿が消失してしまう生理的蛋白尿で、成長期の小児に多くみられ、病気ではありません。多くの場合は思春期を過ぎる頃には自然に消失し、腎機能も障害されません。学校検尿で、蛋白尿のみの異常で見つかる場合の約70%は、体位性蛋白尿と診断されます。

 学校検尿は通常は一晩安静後の早朝尿を提出するので、体位性蛋白尿であれば早朝尿は通常蛋白陰性です。しかし、時々検査前夜に排尿を忘れた場合には早朝尿にも蛋白尿がみられ、腎疾患との区別が難しくなります。体位性蛋白尿と他の腎疾患を区別するために、腰に棒を当て5〜10分ほど負荷をかける前弯負荷試験を行う場合があります。負荷後に蛋白尿が強まり、その後ベッドに横になり、2時間以内に尿蛋白が消失すれば体位性蛋白尿と診断されます。慢性糸球体腎炎では安静にしても通常は蛋白尿が消失しません。

 体位性蛋白尿の診断に最も良い目安は、早朝尿で蛋白尿がみられないことです。検査前夜にトイレに行くことを忘れないことが大切です。


子どもの病気