不整脈で受診する際の注意

杉 薫

 不整脈を診療した経験が少ない医師にかかった患者さんの多くが、次のような経験をしています。

 急に動悸が始まって、しばらく休んでもよくならないので病院へ向かいました。しかし、その途中で動悸がおさまってしまい、病院に着いた時はまったく正常の心電図しか記録されません。医師には「気のせいでしょう」とか「狭心症ではありません」と片づけられることが多く、自分の経験した症状をわかってもらえないという悔しい思いを何度もすることになります。

 不整脈で受診する時は、このような症状を聞いただけで発作性頻拍を疑って心臓電気生理学的検査をすすめてくれるか、頻拍の止め方を教えてくれる医師をさがすべきです。


循環器の病気