腎血管性高血圧症とレニン・アンジオテンシン系

谷亀光則

 レニン・アンジオテンシン系は、生体内の代表的な血圧を調節するシステムです。

 腎動脈が狭くなって腎臓への血液量が低下すると、腎臓からレニンという物質が産生されます。そしてレニンがアンジオテンシンⅡを活性化し、さらにアルドステロンという物質の産生も促します。

 アンジオテンシンⅡは血管を収縮させることにより、またアルドステロンは水分や塩分を体内に貯留させることにより血圧が高くなるのです。


腎臓と尿路の病気