統合失調症の詳細

 内因性(ないいんせい)精神病といわれるものに属し、慢性の経過をたどることが多い病気です。発症は10歳以下では極めてまれですが、10歳を過ぎて中学生の年齢になるとまれな病気ではなくなります。一般的には...
統合失調症は脳をはじめとした神経系に生じる慢性の病気である  統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロト...

統合失調症の関連コラム

統合失調症ってどんな病気? 罹りやすい人の傾向があるって本当?

「統合失調症」という病名を聞いて、「どんな病気?」と首をひねる人は少なくないでしょう。実は、日本ではつい最近まで「精神... 続きを読む

統合失調症治療には、メタボ対策も大切-抗精神病薬の副作用とは

統合失調症はかつて「精神分裂病」と呼ばれていましたが、2002年の世界精神医学総会(横浜市)で現行の名称に変更されまし... 続きを読む

統合失調症関連のニュース

統合失調症関連リンク

goo検索で調べよう

統合失調症は100人に1人と高い発症率の病気です。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤ったイメージから、差別を招きやすい病気ですが、早期の発見・治療開始すれば社会復帰のできる病気です。統合失調症の症状や治療法など、正しい知識を身につけましょう。

統合失調症とは、どんな病気?

「統合失調症」という病名を聞いて、「どんな病気?」と首をひねる人は少なくないでしょう。実は、日本ではつい最近まで「精神分裂病」と呼ばれていました。この病名なら聞いたことがある人が多いと思いますが、ではどんな病気かと尋ねられたら、これまた首をひねる人が多いに違いありません。ここでは、その実態が広く理解されているとはいいにくいこの病気についての基礎知識をご紹介しましょう。

日本精神神経学会が「精神分裂病」という病名を「統合失調症」に変更したのは、2002年のことです。「精神」とか「分裂」という語感から、患者さんの人格否定や差別にもつながりかねない印象を生むとして、患者さんの家族の団体が学会に病名変更を要望していたのです。この病名変更によって、病気に対するマイナスのイメージは変わりつつあります。

統合失調症をごく簡略化して表現すれば、 脳の一部の機能がバランスを崩し、ものごとを考えるという働きにまとまりがなくなった状態、 といえるでしょう。その結果現れる 症状は、「陽性症状」と「陰性症状」 という分け方をされます。

陽性症状
発病の急性期の主な症状で、その典型は 「幻覚」と「妄想」 です。幻覚は実在しないものが見えたり音が聞こえたりしてしまう症状で、その多くは、聞こえるはずのない声が聞こえる 「幻聴」 です。自分の悪口や批判をする声が聞こえるなどということがあって、本人は大きな精神的苦痛を味わいます。妄想は、誰かに見張られている、盗聴されているなどと強く思い込むものです。ほかの人から嫌がらせや迫害を受けている、と思い込む 「被害妄想」 が多くみられます。

陰性症状
慢性期になると目立ってくる症状で、うつ状態のようにもみえます。たとえば 「感情の平板化」 といって、感情の働きが鈍くなり、表情や会話が乏しくなって周りの人たちとの人間的交流や共感が失われます。思考力や意欲が落ちて学校に行けない、自分自身の清潔を保てないなど、 「思考の貧困化」、「意欲の低下」 もみられます。引きこもり状態になる 「自閉」 も現れます。

統合失調症にかかっている人の割合はおよそ100人に1人といわれます。めったに起こらない病気、というイメージがあるかもしれませんが、実はそれほどまれな病気ではないのです。厚生労働省の2005年の調査報告では、患者数は全国に約76万人。さすがにがん(140万人)と比べれば約半分ですが、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の約63万人よりはるかに多いという事実から、わりと身近に起こり得る病気であるといってもよいでしょう。

統合失調症の症状をくわしく解説

統合失調症の症状は多彩なため、全体を理解するのが難しいのですが、ここでは幻覚・妄想、生活の障害、病識の障害の3つにまとめてみます。

幻覚・妄想

幻覚と妄想は、統合失調症の代表的な症状です。幻覚や妄想は統合失調症だけでなく、ほかのいろいろな精神疾患でも認められますが、統合失調症の幻覚や妄想には一定の特徴があります。幻覚と妄想をまとめて「陽性症状」と呼ぶことがあります。

幻覚

幻覚とは、実際にはないものが感覚として感じられることです。
統合失調症で最も多いのは、聴覚についての幻覚、つまり誰もいないのに人の声が聞こえてくる、ほかの音に混じって声が聞こえてくるという幻聴(幻声)です。
「お前は馬鹿だ」などと本人を批判・批評する内容、「あっちへ行け」と命令する内容、「今トイレに入りました」と本人を監視しているような内容が代表的です。
普通の声のように耳に聞こえて、実際の声と区別できない場合、直接頭の中に聞こえる感じで、声そのものよりも不思議と内容ばかりがピンとわかる場合などがあります。
周りの人からは、幻聴に聞きいってニヤニヤ笑ったり(空笑)、幻聴との対話でブツブツ言ったりする(独語)と見えるため奇妙だと思われ、その苦しさを理解してもらいにくいことがあります。

妄想

妄想とは、明らかに誤った内容であるのに信じてしまい、周りが訂正しようとしても受け入れられない考えのことです。

  • 「街ですれ違う人に紛れている敵が自分を襲おうとしている」(迫害妄想)
  • 「近所の人の咳払いは自分への警告だ」(関係妄想)
  • 「道路を歩くと皆がチラチラと自分を見る」(注察妄想)
  • 「警察が自分を尾行している」(追跡妄想)

などの内容が代表的で、これらを総称して 被害妄想 と呼びます。
時に「自分には世界を動かす力がある」といった誇大妄想を認める場合もあります。
妄想に近い症状として、

  • 「考えていることが声となって聞こえてくる」(考想化声)
  • 「自分の意思に反して誰かに考えや体を操られてしまう」(作為体験)
  • 「自分の考えが世界中に知れわたっている」(考想伝播)

のように、自分の考えや行動に関するものがあります。思考や行動について、自分が行っているという感覚が損なわれてしまうことが、こうした症状の背景にあると考えられることから、 自我障害 と総称します。

幻覚・妄想の特徴

統合失調症の幻覚や妄想には、2つの特徴 があります。その特徴を知ると、幻覚や妄想に苦しむ気持ちが理解しやすくなります。

第1は、内容の特徴です。 幻覚や妄想の主は他人 で、その他人が自分に対して悪い働きかけをしてきます。 つまり人間関係が主題 となっています。その内容は、大切に考えていること、劣等感を抱いていることなど、本人の価値感や関心と関連していることが多いようです。このように 幻覚や妄想の内容は、もともとは本人の気持ちや考えに由来する ものです。

第2は、気分に及ぼす影響です。幻覚や妄想の多くは、 患者さんにとっては真実のこと と体験され、不安で恐ろしい気分を引き起こします。無視したり、ほうっておくことができず、いやおうなくその世界に引きずりこまれるように感じます。場合によっては、幻聴や妄想に従った行動に走ってしまう場合もあります。「本当の声ではない」「正しい考えではない」と説明されても、なかなか信じられません。

生活の障害

統合失調症では、先に述べた幻覚・妄想とともに、 生活に障害が現れることが特徴 です。この障害は 「日常生活や社会生活において適切な会話や行動や作業ができにくい」 という形で認められます。 陰性症状 とも呼ばれますが、幻覚や妄想に比べて病気による症状とはわかりにくい症状です。
患者本人も説明しにくい症状ですので、 周囲から「社会性がない」「常識がない」「気配りに欠ける」「怠けている」などと誤解される もととなることがあります。 こうした日常生活や社会生活における障害は、次のように知・情・意それぞれの領域に分けて考えると理解しやすいでしょう。

会話や行動の障害

会話や行動のまとまりが障害される症状です。
日常生活では、話のピントがずれる、話題が飛ぶ、相手の話のポイントや考えがつかめない、作業のミスが多い、行動の能率が悪い、などの形で認められます。症状が極端に強くなると、会話や行動が滅裂に見えてしまうこともあります。こうした症状は、注意を適切に働かせながら会話や行動を目標に向けてまとめあげていく、という知的な働きの障害に由来すると考えられます。

感情の障害

自分の感情についてと、他人の感情の理解についての、両者に障害が生じます。
自分の感情についての障害とは、感情の動きが少ない、物事に適切な感情がわきにくい、感情を適切に表せずに表情が乏しく硬い、それなのに不安や緊張が強く慣れにくい、などの症状です。
また、他人の感情や表情についての理解が苦手になり、相手の気持ちに気づかなかったり、誤解したりすることが増えます。こうした感情の障害のために、対人関係において自分を理解してもらったり、相手と気持ちの交流をもったりすることが苦手となります。

意欲の障害

物事を行うために必要な意欲が障害されます。
仕事や勉強をしようとする意欲が出ずにゴロゴロばかりしてしまう(無為)、部屋が乱雑でも整理整頓する気になれない、入浴や洗面などの身辺の清潔にも構わない、という症状として認められます。
さらにより基本的な意欲の障害として、他人と交流をもとうとする意欲、会話をしようとする意欲が乏しくなり、無口で閉じこもった生活となる場合もあります(自閉)。

病識の障害

病識とは、自分自身が病気であること、あるいは幻覚や妄想のような症状が病気による症状であることに自分で気づくことができること、認識できることをいいます。統合失調症の場合には、この病識が障害されます。

多くの場合、ふだんの調子とは異なること、神経が過敏になっていることは自覚できます。しかし幻覚や妄想が活発な時期には、それが病気の症状であるといわれても、なかなかそうは思えません。症状が強い場合には、自分が病気であることが認識できない場合もあります。

治療が進んで病状が改善すると、自分の症状について認識できる部分が増えていきます。ほかの患者さんの症状については、それが病気の症状であることを認識できますから、判断能力そのものの障害ではないことがわかります。
自分自身を他人の立場から見直して、自分の誤りを正していくという機能の障害が背景にあると考えられます。

統合失調症の原因は? 罹りやすい人の特徴とは?

統合失調症の原因は解明されているわけではありません。ただ、 発病を招くいくつもの危険因子 があげられていて、それらが複合的にからみ合い、 もともと病気になりやすい素因のあった人に大きなストレス などが加わって起こるのではないか、と考えられています。危険因子とされているものをいくつかご紹介しましょう。

年齢
危険年齢はだいたい15〜45歳とされていて、女性より男性のほうが早く発症する傾向があります。一般的には18〜20歳を過ぎると急増するといわれており、 10歳代後半から20歳代にピーク があります。

婚姻状態
独身者のほうが既婚者より2.6〜7.2倍も発病しやすい、という報告があります。

出生季節
冬に生まれた人は、ほかの季節の人より発病率が高いという研究があります。さらに、出生地が北に寄っているほどその影響は大きいとされています。

遺伝
両親とも統合失調症を発病している場合、その子どもの発病危険率は46%です。しかし、遺伝子が同じである一卵性双生児がともに発病する割合は100%ではなく48%なので、発病には遺伝以外の要因もかかわっていると考えられています。

ストレス
失恋、就学、家族の死、家庭や職場でのトラブルなどがきっかけで発病や再発が起こることが認められています。

統合失調症の病気の経過

病気の経過は、 前兆期・急性期・回復期・安定期 に分けてとらえるとわかりやすいでしょう。

前兆期

前兆期は、急性期を前にして様々な症状が出現する時期です。精神症状としては、焦りと不安感・感覚過敏・集中困難・気力の減退などがあります。

うつ病や不安障害の症状と似ている ため、初めての場合にはすぐに統合失調症とは診断できないことがあります。
また、 不眠・食欲不振・頭痛など自律神経を中心とする身体の症状が出やすい ことも特徴です。

初発の場合には、これだけで統合失調症を診断することはできませんが、再発を繰り返している場合には、前兆期の症状が毎回類似していることを利用すると、「不調の前ぶれ」として本人や周囲が早期発見するための手がかりにできます。

急性期

幻覚や妄想などの、統合失調症に特徴的な症状が出現する時期 です。この幻覚や妄想は、患者本人にとっては不安・恐怖・切迫感などを強く引き起こすものです。そのため、行動にまで影響が及ぶことが多く、睡眠や食事のリズムが崩れて昼夜逆転の生活になったり、行動にまとまりを欠いたり、周囲とのコミュニケーションがうまくとれなくなったりなど、日常生活や対人関係に障害が出てきます。

回復期

治療により急性期が徐々に治まっていく過程で、現実感を取り戻す時期でもあります。

疲労感や意欲減退を覚えつつ、将来への不安と焦りを感じます。周囲からは結構よくなったように見えますが、本人としてはまだ元気が出ない時期ですので、辛抱強く待つ姿勢がよい結果を生みます。

安定期

回復期を経て、安定を取り戻す時期です。すっかり病前の状態へと戻れる場合もありますし、急性期の症状の一部が残存して取り除けない場合、回復期の元気がないような症状が続いてしまう場合などもあります。 こうした安定期が長く続き、リハビリテーションにより社会復帰を果たし、治癒へと向かう多くの患者さんがいます。

しかし、この状態から前兆期が再度始まり、再発を迎えてしまうことがあるのは残念なことです。

予後

長期の予後を検討すると、治癒に至ったり軽度の障害を残すのみなど 良好な予後の場合が50〜60% で、 重度の障害を残す場合は10〜20% であるとされています。

この数字は昔の治療を受けた患者さんのデータですので、新しく開発された薬と心理社会的ケアの進歩の恩恵を受けている現代の患者さんでは、よりよい予後が期待できます。

症状が現れてから薬物治療を開始するまでの期間(精神病未治療期間)が短いと予後がよいことが指摘されていますので、長期経過の面でも早期発見・早期治療が大切であることがわかります。

統合失調症の治療方法

薬物療法の進歩は目覚ましい

統合失調症の症状が、ドーパミン系やセロトニン系といった神経系で作用している神経伝達物質のアンバランスと関連が深いことが認められて以来、多くの治療薬が開発されてきました。とくに近年、第2世代の抗精神病薬と呼ばれる治療薬が開発され(リスパダール、ジプレキサ、ルーラン、セロクエル、エビリファイなど)、より好ましい成果をあげつつあります。

これらの薬の特徴は、陽性症状に効果があるばかりでなく陰性症状にも効果があるといわれていることと、錐体外路(すいたいがいろ)症状と呼ばれる、手の震えや体のこわばりといった生活に支障を起こしやすい副作用が少ないことです。

また、使用方法として、
(1)原則として、1種類の薬で処方し、同じような効き目の何種類もの薬を重ねてのむような方法はとらないこと
(2)「適用量」があり、多量の処方は、副作用ばかりが増えて効果が増えるわけではなく、意味がないことが明らかにされています。

日本では、かつて多種類の薬物を大量に処方する習慣がありました。第2世代の抗精神病薬は、このような処方の方法論にも影響を与えています。地域のなかで普通に暮らすことがリハビリテーションの目標である。

統合失調症にかかると、陽性症状や認知障害のため、「本人が病気であることを理解するのが難しい」といわれてきましたが、それは偏見です。適切な方法でていねいに伝えれば、病気の療養に必要な情報を患者さんに与えることはできます。

知ることや、病気への対処を学ぶことによって、そして病気を抱えながら生活する練習をすることによって、人は病気からの回復に進んで取り組めるようになります。

病気について本人や家族が理解することの最大のメリットは、再発に対して適切に対処する、あるいは再発を予防することが可能になることです。たとえばこの病(やまい)は、緊張‐リラックスを司る神経の系列の障害であるので、対人関係や不意の出来事といった生活上の事柄が再発を招くことがあります。そのため、事前に苦手なことを知っていることで、ある程度ストレスへの対処が可能になります。

また、対処や生活の練習は、症状の特徴として、「1を知って10を知る」というようにはなかなかなりません。生活の現場での具体的な工夫こそが意味をもちます。したがって、延々と入院しているよりは、早期に退院して生活を始め、生まれてくる課題についていろいろと工夫を重ねていくのがよいでしょう。

近年、日本でも「地域中心の精神医療」ということがいわれていますが、統合失調症の場合、生活の場で本人と家族、それに仲間や専門家が出会って、よりよい工夫を考える機会をつくることのメリットは、はかり知れません。

また、症状はしばしば慢性的に残存します。これを「障害」と呼びますが、障害の部分に対するサポートが行われることによって、また、本人の長所や得意な能力を伸ばすことによって、社会生活を楽しみ、維持する力が増す可能性が増えます。

障害がありながらも、サポートや工夫によって、地域社会のなかで「普通の人」として生活していけるようになることが、私たちの目指すあり方ということができるでしょう。