単純疱疹,ヘルペスの詳細

 口唇あるいは陰部などに、限局性に多発する小水疱(しょうすいほう)がみられるウイルス性皮膚疾患です。
 単純ヘルペスウイルスによる感染症で、ヘルペスとも呼ばれています。  単純ヘルペスウイルスには1型と2型があります。初感染では型に関係なく、体のどこにでも感染して発症します。このウイルスも、前述の水痘...

単純疱疹,ヘルペスの関連コラム

性感染症の症状-クラミジア・淋病・性器ヘルペス・尖圭コンジローマ・エイズ

性感染症は90年代以降急速に広まり、とくに若い世代では、誰もが感染する可能性のある身近な病気になっています。しかし、多... 続きを読む

20~30代にも多発!帯状疱疹とは? ヘルペスの症状と治療法

帯状疱疹(たいじょうほうしん)はヘルペスともいいます。ヘルペスとは疱疹=小さい水ぶくれが集まった状態のことですが、ヘル... 続きを読む

性器の小さな水ぶくれは性器ヘルペスかも? 有効な迅速診断法とは

「性器ヘルペス」は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こる病気です。主に性行為によって感染する性感染症の一つで、女性では性... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹... 続きを読む

日本人の約80%が感染しているヘルペスウイルスとは?

ウイルスを持っている人が多いヘルペス。体調が悪い時などに、唇や性器に水ぶくれができる病気です。感染の予防法や、はやく治す... 続きを読む

口唇ヘルペス-紫外線の浴びすぎで再発?赤ちゃんや病人との接触に注意

くちびるによく水ぶくれができるという方はいませんか?<br>それはもしかしたら、口唇ヘルペスかもしれません。こういう人は、海... 続きを読む

ヘルペスウイルス群(皮膚の病気)

<br>遺伝情報として2重鎖のDNAをもち、正24面体のカプシド(ピラミッド型の中心構造)エンベロープをもつウイルスをヘルペスウイルスと呼びます。ヒトに感染して病気を起こすものをヒトヘルペスウイルス... 続きを読む

健康用語の解説 ヘルペス

ヘルペスウイルスが原因で皮膚に小さな水ぶくれの集まりができる病気で、主に単純疱疹(たんじゅんほうしん... 続きを読む

妊娠と性器ヘルペス症(女性の病気と妊娠・出産)

<br>妊娠中に性器ヘルペス症が発症しても、それが胎児に及ぼす影響はありません。しかし、分娩時に母体が性器ヘルペス症にかかっていると、産道で胎児が単純ヘルペスウイルス(HSV)に感染し、新生児ヘルペ... 続きを読む

単純疱疹,ヘルペス関連のニュース

goo検索で調べよう

ヘルペスウイルスによる代表的な病気は、単純ヘルペスウイルス1型で起こる口唇ヘルペス、単純ヘルペスウイルス2型による性器ヘルペスなどです。
日本人は、単純ヘルペスウイルス1型に70〜80%、2型に2〜10%が感染しているとされています。正しい知識を身につけて、感染・再発の予防をしましょう。

ヘルペス(単純疱疹)の原因はウイルスの感染

ヘルペスは、感染者が多い身近なウイルスのひとつ。このヘルペスウイルスに感染すると、 唇やそのまわりなどに小さな水ぶくれ ができます。口のまわりのヘルペスの場合、10ヶ月〜2週間でこの水ぶくれの症状が治まるのも特徴。こういった人に感染するヘルペスウイルスは、8種類あります。口にできるものを口唇ヘルペス、性器にできるものを性器ヘルペスと呼び、それぞれ感染したヘルペスウイルスの種類により病気の症状も違います。

<8種類のヘルペスウイルスと病気>

◯単純ヘルペスウイルス1型
口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症、角膜ヘルペスなど

◯単純ヘルペスウイルス2型
性器ヘルペスなど

◯水痘・帯状疱疹ウイルス
水ぼうそう、帯状疱疹

◯エプスタイン・バーウイルス
伝染単核症

◯サイトメガウイルス
肺炎、網膜炎

◯ヒトヘルペスウイルス6型
突発性発疹、脳炎など

◯ヒトヘルペスウイルス7型
突発性発疹

◯ヒトヘルペスウイルス8型
カポジ肉腫

単純疱疹(ヘルペス)に感染したらどんな症状がでるの?

口唇や性器にできる単純ヘルペスウイルスには1型と2型があります。初感染では型に関係なく、体のどこにでも感染して発症します。このウイルスも、水痘(すいとう)・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスと同様に、一度感染すると一生涯、知覚神経節に潜伏しています。
そして、 発熱、過労、胃腸傷害、精神的ストレス、日光照射、寒冷、性交渉、時差などの誘因 によって、潜んでいたウイルスが再び活性化し、神経を伝わって皮膚にさまざまな炎症を起こします。
1型は主に上半身、2型は下半身に再発 を繰り返します。2型は1型と比べて再発頻度が高く、月に1〜2回再発する人もいます。

症状は、 はじめに皮膚にピリピリやむずむず、ほてりなどの違和感を感じます。これはその部位でウイルスが増殖しているサイン。その1〜3日後に水ぶくれになり、やがてかさぶた になり治っていきます。水ぶくれは自然治癒しますが、早めに抗ヘルペス薬を使うことで、症状をやわらげたり、はやく治すことが可能。最近では、再発を防ぐ薬もあるので病院で相談してみましょう。

口唇ヘルペスの感染経路と再発の予防

口唇ヘルペスは、親子や夫婦など家族間の感染が多いのが特徴です。ほおずりやキスなどで肌や唾液が接触する機会が多いことや、発症している家族が使ったグラスやタオルを共用する可能性があるためです。皮膚に傷や湿疹ができているときは感染率が高くなるのはもちろん、皮膚が健康な場合でも感染しやすいので注意が必要です。

感染を防ぐには、水ぶくれを破ったりさわったりしないこと です。もし、患部をさわった場合は、すぐに手を洗ってください。また、感染時に使ったタオルは、ほかの人と共用しないで、よく洗って日光でしっかり乾かしましょう。グラスや食器も専用のものを使い、使用後は洗剤できれいに洗ってください。水ぶくれにさわらないようにマスクをするのもよい方法です。

口唇ヘルペスは年に1〜2回のペースで再発する 人が多いようです。再発しやすいのはかぜをひいたり過労が続いたりして抵抗力が落ちたときです。ほかに、強い紫外線や精神的ストレス、ある種の薬なども再発の誘引になります。女性の場合、月経前に再発しやすいことがわかっています。

再発を防ぐには、過労を避け、かぜをひかないようにすること。食事は、栄養バランスに気をつけ、免疫力を高める効果のある野菜や果物、玄米、ナッツ類などを積極的にとるとよいでしょう。睡眠を十分とって運動や趣味などでストレス解消につとめ、強い紫外線を避けるようにします。

性器ヘルペスの感染経路と再発の予防

口唇ヘルペスに次いで患者数の多いのが性器ヘルペスです。女性の場合は外陰部や腟を中心に、男性の場合は陰部や脚のつけ根(リンパ節)などに、水ぶくれや赤いブツブツ(潰瘍)がたくさんでき、ただれや痛みを伴います。特に初感染では症状が重く、痛みで歩行困難になったり、高熱で入院治療が必要になったりすることもあるほどです。

一度感染すると完治せず、再発をくり返すのはほかの単純ヘルペスと同じですが、 性器ヘルペスが最も再発しやすく、1年間に女性で平均7回、男性では平均12回 と非常に頻繁にくり返します。そのため、性器に常に水ぶくれができてただれたり、いつ再発するかと不安になったりと、肉体的にも精神的にも苦痛を伴います。

性器ヘルペスは、主として性行為で感染する性感染症 です。最近は20〜30代の女性に最も多くみられ、性体験の低年齢化で10代にも急増しています。性器ヘルペスにかかると、症状が辛いだけでなく、エイズや梅毒など、ほかの性感染症にもかかりやすくなるため、感染の予防と病気に対する知識をもつことが重要です。

性器ヘルペスは感染しても症状が出なかったり、赤くなるだけで気がつかなかったり して、知らないうちに人にうつしてしまう可能性があります。性感染症の予防にコンドームは欠かせませんが、性器ヘルペスの場合、患部が性器以外にも広がっているとコンドームだけでは防ぐことができません。性器ヘルペスの症状が出ているときは性行為を避けることはもちろん、治ったと思っても一度必ず皮膚科や婦人科、泌尿器科などを受診し、性行為を含めた生活上の注意などを詳しく聞くようにしましょう。

キスだけでも感染する注意したい6つの性感染症

性感染症で一番、感染者数が多いのがヘルペスです。そのヘルペス以外にも、口から口へ感染する病気があるので、気をつけましょう。

1)性器ヘルペス、口唇ヘルペス
ヘルペスは水ぶくれという意味で、このウイルスに感染すると、患部に水ぶくれができます。ヘルペスはとても感染力の強いウイルスで、皮膚と皮膚の接触でも感染します。そのため、キスでも感染の可能性があると考えられるのです。自分はもちろん、相手にヘルペスの症状がある場合には、接触を避けましょう。

2)B型肝炎
体液や血液から感染するのがB型肝炎。歯ブラシの使い回しやカミソリなどからうつるほど、感染力が高いため、口から少しでも相手の体液や血液が入ると感染する可能性が高くなります。

3)咽頭クラミジア
クラミジア・トラコマチスという細菌に感染することで発症するのがクラミジア。男性は尿道と咽頭、女性は膣内と咽頭に感染します。また、感染しても症状を自覚しにくいため、気づかないまま相手にうつしてしまう場合も。オーラルセックスをして、性器から口に感染する場合もあれば、口から性器に感染する場合もあります。咽頭に細菌がいる場合は、キスだけでもうつる可能性があります。

4)咽頭淋病
クラミジアと同様に、淋病も咽頭に感染します。そのため、口から口に感染する可能性があります。

5)マイコプラズマ感染症
同様に咽頭にも感染するため、キスでうつる可能性があります。

6)ウレアプラズマ感染症
同様に咽頭にも感染するため、キスでうつる可能性があります。

キスで感染する性感染症を防ぐため、不特定多数の人との接触は避けましょう。セックスのパートナーが不特定多数いる人と接触しないことも、自分を守ることにつながります。特に、自分も相手も含め、口のまわりや中に傷がある場合は、接触しないようにしましょう。

帯状疱疹とヘルペスの違いとは?

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。

帯状疱疹は、激しい痛みとそれに続く多数の水ぶくれなど、症状がはっきり出るため、自分が帯状疱疹であることを自覚している人がほとんどです。
これに対して単純ヘルペスは、水ぶくれやただれ、痛みなどがありますが、症状は激しくないことも多いため「おでき」などとの見分けが難しく、自分が単純ヘルペスであることを自覚している人は多くありません。

単純ヘルペスは、感染力が強く、接触感染によって人から人へとうつっていきます。さらに、ヘルペスウイルスに一度感染すると、ウイルスが神経節に潜伏し、抵抗力が弱まったときに活性化して症状を引きおこすことをくり返すのです。

出産時に胎児が感染すると全身に広がって命を落とす原因となり、新生児でも重症化する恐れがあります。大人でもアトピー性皮膚炎やエイズ、がんなどと重なれば重症化して命を落とすこともあり、目の角膜に発症した場合は視力低下や失明の原因にもなります。