ヘルパンギーナの詳細

 夏かぜ疾患のひとつで、熱とともに口腔粘膜に水疱(すいほう)、潰瘍ができ、痛みのため飲んだり食べたりすることが普段より落ちる病気です。夏季(主に4〜10月ころ)に多く、幼児を中心に流行します。
 毎年7月ごろをピークとして4歳以下の小児、とくに1歳代に流行することが多い夏かぜの代表疾患です。高熱と口腔内の発疹(のどの奥に紅暈(こううん)で囲まれた小水疱(しょうすいほう)が現れる)が特徴的です...

ヘルパンギーナ関連のニュース

ヘルパンギーナ関連リンク

goo検索で調べよう

ヘルパンギーナは、毎年夏から秋にかけて小児の間で流行しやすい夏風邪の一種です。コクサッキーウイルスが主な感染源ですが、原因となるウイルスは他にもあり、何度もかかる可能性があります。ここではヘルパンギーナの症状や治療のポイントなどくわしく解説します。

ヘルパンギーナとはどんな病気か? 風邪との違い

夏かぜのひとつで、熱とともに口腔粘膜に水ほう、潰瘍ができ、痛みのため飲んだり食べたりすることが普段より落ちる病気です。 夏季(主に4〜10月ころ)に多く、幼児を中心に流行 します。

ヘルパンギーナの原因は何か
主にコクサッキーA群ウイルスによります。ポリオウイルスやエコーウイルスと同じグループで、これらをまとめてエンテロウイルス、腸管ウイルスとも呼びます。

ヘルパンギーナの症状の現れ方
6月ごろから5歳以下の子どもが多くかかります。ウイルスが侵入してから、3〜6日の潜伏期ののち、急に高い熱が出て発病します。熱は1〜4日続き、口の中に小さな水ほうができ、破れると1〜4mm程度の潰瘍をつくります。これらは4〜6日で治りますが、この間、痛みを伴うことが多く、食欲不振や不機嫌になり、よだれが出ます。

ヘルパンギーナの治療方法
この ウイルスに対する特効薬はありません が、通常、対症療法(熱が高いときは解熱剤、下痢のときは整腸剤や下痢止め、目の症状には結膜炎の治療など)だけで回復します。飲食ができなくなったり脱水症を併発した場合は、輸液(点滴)を必要とする場合があります。合併症を併発した場合は、入院が必要となる場合があります。

子どもがヘルパンギーナかもと思ったら

高熱が出て経口摂取が十分できなくなる場合も多いため、早めにかかりつけの小児科を受診してください。 流行時には、うがい、手洗いの励行、お子さんとの接触をなるべく避けることなどが予防につながります。ワクチンはありません。

なお、便中に1カ月近くウイルスを排泄していることが多いため、 排便あるいはおむつ交換後の手洗いを徹底 します。学校、幼稚園、保育所などでは登校・登園停止の疾患にはなっていませんが、その症状から、急性期は自宅での安静が必要です。

注意したい、小さな子どもがかかりやすい夏かぜ

夏は、子どもが感染症に悩まされることの多い季節です。保育所、幼稚園などの集団生活やプール遊びなど、感染する機会はいろいろあります。ヘルパンギーナ以外にも、夏に気をつけたい子どもの主な感染症を取り上げます。

◯手足口病
手のひらや指、足の裏や指、お尻などに赤い小さな発疹(ほっしん)や水疱が出ます。痛みやかゆみはありませんが、口の中の粘膜にできる水疱は破れて潰瘍になるため、痛みを伴います。38度前後の熱が出ることがありますが、出ないこともあります。ふつうは1週間前後で症状は治まるので、特に治療をする必要はありませんが、せきやくしゃみで人に感染させる病気なので、医師の診察は必ず受けてください。

便や水疱の中味からも感染するので、さわったあとには家族の方は石けんで手洗いをしてください。

◯プール熱(咽頭結膜熱=いんとうけつまくねつ)
プールに入る機会のある幼児や小学校低学年の子どもによくおこるので、「プール熱」の名があります。急な高熱とともに、目の充血、目やに、涙目などの結膜炎の症状があらわれます。のどの腫れと痛み、鼻水やせきが出たり、おなかの痛みや下痢など消化器の症状が出ることもあります。

熱は4〜5日で下がり、経過も悪くありません。結膜炎は家族にうつるので、タオルや洗面器は別にする必要があります。

ヘルパンギーナは抗生物質が効かない?! 治療のポイント

ヘルパンギーナなどの夏かぜは、高温多湿を好み夏に増殖するエンテロウイルスとアデノウイルスが原因で、 特効薬はなく、抗生物質も効きません。 ですから治療は、症状を和らげる対症療法(熱が高いときは解熱剤、下痢のときは整腸剤や下痢止め、目の症状には結膜炎の治療など)が行われます。あとは家庭でのケアが大切です。

小さい子どもが高熱を出すと親は心配でたまりません。でもかぜなどの感染症の場合、ウイルスや細菌と戦う免疫抗体は、熱が上がるときにつくられ、38度前後でもっともさかんにつくられるといわれます。 38度台でも子どもが元気なら少し様子をみて、38.5度以上で元気がないときに解熱剤を使うのが目安 とされています。解熱剤はむやみに使わず、医師の指示に従いましょう。
熱が高いときは、わきの下やもものつけ根、額などを冷却シートなどで冷やしてあげると気持ちがよいでしょう。エアコンを使うときは冷やし過ぎないようにして、風が直接体に当たらないように注意しましょう。

のどの痛みや口内炎で痛みがあると食欲が低下します。熱いもの、硬いもの、すっぱいもの、塩辛いものはのどにしみて痛いので、スープ類やおかゆ、豆腐、ゼリーなど水分の多い軟らかいものを、薄めの味つけで食べさせてあげるとよいでしょう。
また、熱があるときや食欲がないときは、脱水症に注意する必要があります。こまめに水分補給をするようにしてください。

夏かぜと一緒に無菌性髄膜炎(ずいまくえん)をおこすことがありますが、細菌性の髄膜炎に比べて比較的症状は軽く、後遺症を残すことはほとんどありません。高熱に吐き気や嘔吐、頭痛などを伴い、後頭部が突っ張るので、寝ているところを抱き起こすと泣きます。このようなときには、すぐに医師に診てもらう必要があります。