性器ヘルペスの詳細

 主に性行為によって、単純ヘルペスウイルス(HSV、単にヘルペスウイルスともいう)が性器に感染して起こる病気です。  発症のしかたには、初発型(急性型)と再発型があります。前者は初めて感染して発症する...
 性器ヘルペスは、性的接触によって感染する代表的な性感染症(STI)のひとつです。原因は、単純ヘルペスウイルスの1型または2型の感染です。一度感染すると、体内に潜伏感染して再発を繰り返すことがあります...

性器ヘルペスの関連コラム

妊娠と性器ヘルペス症(女性の病気と妊娠・出産)

<br>妊娠中に性器ヘルペス症が発症しても、それが胎児に及ぼす影響はありません。しかし、分娩時に母体が性器ヘルペス症にかかっていると、産道で胎児が単純ヘルペスウイルス(HSV)に感染し、新生児ヘルペ... 続きを読む

性感染症の症状-クラミジア・淋病・性器ヘルペス・尖圭コンジローマ・エイズ

性感染症は90年代以降急速に広まり、とくに若い世代では、誰もが感染する可能性のある身近な病気になっています。しかし、多... 続きを読む

性器の小さな水ぶくれは性器ヘルペスかも? 有効な迅速診断法とは

「性器ヘルペス」は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こる病気です。主に性行為によって感染する性感染症の一つで、女性では性... 続きを読む

goo検索で調べよう

性器ヘルペスは、性的接触によって感染する代表的な性感染症のひとつです。一度感染すると、体内に潜伏感染して再発を繰り返すことがあります。感染してしまった人は正しい治療と、パートナーに感染させないよう、正しい知識を身につけましょう。

性器ヘルペスとはどんな病気?

性器ヘルペスは、性的接触、主に性行為によって感染する代表的な性感染症(STI)のひとつです。単純ヘルペスウイルスの1型または2型が性器に感染して起こります。

発症のしかたには、 初発型(急性型)と再発型があります。 前者は初めて感染して発症する場合です。それが治っても、このウイルスは体内の神経節に潜伏し、何らかの刺激があると再び暴れ出し、神経を通って皮膚や粘膜に現れて病変をつくることがあります。これが再発型です。 一度感染すると、体内に潜伏感染して再発を繰り返すことがあります。

男性の性器ペルペスの症状と治療法

性器ヘルペス(男性)の症状の現れ方

外陰部または口唇周囲からウイルスを放出している人との性的接触(オーラルセックスを含む)後、2〜10日の潜伏期をへて、 外陰部(陰茎包皮周囲)に複数の痛みを伴う小さな水疱(すいほう)と浅い潰瘍が現れます。

ほかに鼠径(そけい)リンパ節がはれたり、尿道炎によって分泌物が出たり、全身倦怠感を感じることもあります。ウイルス放出者は、無症状の場合も多いようです。

性器ヘルペス(男性)の治療方法

ウイルスの増殖を抑える経口の 抗単純ヘルペスウイルス薬〔バラシクロビル錠(バルトレックス錠)〕などを5〜10日間服用することで、症状が早く軽快します。

しかし、とくに2型のヘルペスウイルスは、体内に潜伏感染して体調不良の時に再び活性化し、同じ部位に水疱や潰瘍の再発を数カ月ごとに繰り返すことがあります。

一般的に、再発時の症状は初発時よりも軽度ですが、年に6回以上再発を繰り返す場合には抗ウイルス薬を継続服用する治療法がありますので、専門医に相談する必要があります。

性器ヘルペス(男性)に気づいたらどうする

外陰部に潰瘍ができる梅毒など、 ほかの性感染症との区別が重要なので、皮膚科または泌尿器科を受診してください。 また、必ずパートナーにも受診してもらい、適切な診断・治療をすることが必要です。

女性の性器ペルペスの症状と治療法

性器ヘルペス(女性)の症状の現れ方

○初発型(急性型)

初感染の場合は、一般に症状が強いようです。 外陰部の激しい痛み、排尿痛、鼠径部(そけいぶ)(ふとももの付け根)のリンパ節のはれや押すと痛い などの症状が現れます。

しばしば発熱や頭痛も伴います。 *外陰部には、小さな浅い潰瘍性(かいようせい)の病変(皮がむけたような状態)が多発します。*時には水ぶくれの病変も現れます。
このような症状は、性行為などの感染の機会があってから2〜7日くらいおいて発症するのが普通です。

○再発型

再発の場合は、 *症状は比較的軽く、痛みはあまりなく、違和感、かゆみといった程度です。*しかし、繰り返し再発すると大変わずらわしく、下着などが触れると痛んだりして、これらが精神的なストレスとなり、なかなか面倒です。

疲れたり、月経が近くなったりすると発症する人が多いようです。

性器ヘルペス(女性)の治療方法

単純ヘルペスウイルスに有効な薬剤(ゾビラックスやバルトレックス)を、初感染では5〜10日間、再発では5日間程度、服用します。重症の場合は、入院して点滴静注も行われます。

性器ヘルペスは、これらの薬を使って最初は治っても、再発することが少なくありません。 単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、とくに2型の感染では再発頻度が高い ことが知られています。1年に6回以上も再発する場合は、毎日継続的に抗ウイルス薬を服用する方法(再発抑制療法)が保険で行えるようになりました。この療法を行うと再発を抑えるばかりでなく、パートナーなどへの感染も防げるので、身心のストレスが軽減できます。

性器ヘルペス(女性)に気づいたらどうする

単純ヘルペスウイルスは他人にうつるため、早急に正しい診断をしてもらう必要があります。前述のような症状があったら早めに産婦人科を訪れてください。

とくに妊娠している人は、このウイルスが新生児に感染すると死亡することがあるので、早めに対処してください。

デリケートゾーンの悩み 気になる症状

かゆみやかぶれなど、女性なら一度は経験したことがある、デリケートゾーンのトラブル。もともとトイレでの処理や毎月の月経、性交、下着による締め付けなどで、ダメージを受けやすい部分でもあります。女性の性器の外側(外陰部)に起こるトラブルは、ケア次第で事前に防ぐことができるものも。不潔なのはもちろん、過剰に洗いすぎることでも、トラブルのもとになるので注意しましょう。

トラブルの症状別に考えられる原因には、以下のようなものがあります。 中には性病などの場合もあるので、思い当たる場合には早めに婦人科を受診しましょう。

<かゆみ>
デリケートゾーンのかゆみは、汗やトイレの後の処理が不十分だったり、気にしすぎて合成洗剤で外陰部を洗いすぎたりしたことが原因かもしれません。不潔にするのはもちろん、清潔にしすぎる場合も、デリケートゾーンに住みついて体を守ってくれる常在細菌が減り、外からの細菌が繁殖して、かゆみを起こします。洗う場合は、石けんやボディソープをしっかり泡立てて摩擦に注意しながら行ってください。デリケートゾーン専用の石けんを使うのも手です。

それ以外の原因で考えられるのは、細菌性膣炎、カンジダ膣炎、性器ヘルペス、毛ジラミ、淋菌感染症など。いずれも、かゆみと同時におりものや外陰部に異常がみられるので、あわせてチェックしましょう。

<ただれや腫れ>
細菌に感染した可能性があります。ただれや腫れと同時に、痛みやかゆみが起こる場合も。考えられる病気には、バルトリン腺嚢胞(のうほう)、バルトリン腺炎、バルトリン腺膿瘍(のうよう)、カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎などがあります。

<臭い>
にんにくなど強い臭いの食べ物を食べた時や、汗をかいた時、生理中や体調の悪い時に、デリケートゾーンの臭いが強くなることがあります。デリケートゾーンを清潔に保ったり、体調が回復するまで休むなどで解消できます。
臭いと共に、おりものの異常が見られる場合は、性感染症が考えられるので病院でチェックを受けましょう。まれに、体質によって臭いがきつい「すそわきが」と呼ばれる症状があります。これはもともとの体質で病気ではありませんが、病院で専用のケアをすれば解消できるので、悩んでいる人はすそわきがの治療ができる医療機関に相談しましょう。

<できもの>
性行為によってウイルスや細菌に感染した可能性があります。黒や茶色、急に大きくなったものは、放置せずにすぐ病院を受診しましょう。考えられる病気には、バルトリン腺嚢胞、バルトリン腺炎、バルトリン腺膿瘍、尖圭(せんけい)コンジローマ、アテローム、性器ヘルペスなどがあります。

コンドームで性器ヘルペスは感染防止できるの?

コンドームは避妊と性感染症の予防を目的とした「医療機器」です。 100%完璧に性病を予防するのは難しいのですが、使用することで高い確率で性病の感染を予防することができます。

コンドームを使用する利点は、粘膜に精液や膣分泌液が接触するのを防ぐことと、性交時にできる目に見えない小さな傷を防ぐことです。

ただし、 性感染症にはキスや皮膚の接触でもうつるものがあるので、安心してはいけません。 コンドームを使用した上でさらに注意したい、性器ヘルペスやその他の性感染症についてまとめました。

◯クラミジア
感染経路は、粘膜同士の接触や、精液、膣内分泌液。オーラルセックスでは、喉へも感染します。例えば、女性が男性に対してオーラルセックスした場合。男性が感染者の場合は、男性の性器から女性の喉に感染します。逆に、女性の喉にクラミジアが感染している場合、女性の口から男性の性器に感染します。性器クラミジアに感染している女性の10〜20%は、喉からも検出されているそう。

◯淋病
クラミジアと同様に、感染者と粘膜同士の接触や、精液、膣内分泌液を介してうつる病気です。1回のセックスでの感染率が約30%と高いのも特徴。喉へも感染しますので、オーラルセックスでもうつります。男女含め性器で淋菌に感染している人の30%は、喉にも感染がみられます。また、淋病に感染している人のうち、クラミジアにも感染している人が20〜30%いるといわれています。

◯性器ヘルペス
ヘルペス菌に感染した部位に接触することで感染します。ヘルペスは感染した部分に水ぶくれができるのですが、この症状が出ていない時でも、性器の皮膚や粘膜にウイルスが出ていて感染する場合も。口にヘルペスができる口唇ヘルペスがある状態でオーラルセックスをしても性器に感染します。

◯尖圭コンジローマ
主な感染経路は性行為ですが、皮膚や粘膜の傷口から感染することも。感染すると、性器や肛門周辺にカリフラワー状や乳頭状のイボができます。オーラルセックスで感染する可能性もあります。

◯膣トリコモナス症
性行為による感染が主な感染経路です。ただし、病気の原因のトリコモナス原虫は、水中や湿度の高いところで生き延びることが可能。コンドームをつけて性行為をしていても、下着やタオル、便座、浴槽などを介して感染することもあります。

◯膣カンジダ
原因であるカンジダ菌はもともと人が持っている菌のひとつのため、人から感染しなくても、自分の免疫力が落ちた時などに症状が出ます。症状が出ている時の性行為は、症状の悪化はもちろん、相手にもうつす可能性があるので避けましょう。男性の場合は、性器カンジダにかかっていても、症状がほとんど出ません。カンジダ菌は口の中にもいると言われており、免疫力が非常に弱っている時は、口にも感染する可能性があります。

◯梅毒
トレポネーマという細菌に感染することで起こる病気です。皮膚や粘膜の小さな傷から病原菌が侵入し、血液を介して全身に広がります。アナルセックスでの感染が特に多いという報告もあります。また、口にしこりや潰瘍など梅毒の症状が出ている場合は、キスでも感染するので注意が必要です。

◯ケジラミ
毛に生息するシラミの一種である、ケジラミに感染することで起こります。感染経路は性行為がほとんどですが、毛布やタオルで間接的に感染することもあります。毛に生息するので、コンドームでの予防効果はありません。

◯HIV
HIVに感染した人の血液、精液、膣内分泌液、母乳といった体液が、粘膜部分や傷口に接触することで感染します。そのため、膣によるセックス、アナルセックス、オーラルセックスでも感染。コンドームを正しく使うことが、予防に高い効果を発揮します。

コンドームで予防しきれない性感染症もありますが、使用することで予防効果が確実に高まるのは事実。でも、実は正しく使えていない人が多いのだとか。膣を使った性交渉だけでなく、アナルセックスやオーラルセックスの場合でもコンドームを使用することが必要です。さらに以下のポイントに注意しましょう。

  • 傷つけないようにコンドームを袋から出す
  • コンドームはペニスがパートナーの性器に接触する前に装着
  • 射精後は、精液が漏れないように根元を抑える
  • 古いものは破れる恐れがあるので使用期限を守る
  • 1回につき1個使用し、再利用しない
  • 日の当たらない場所に保管し劣化を防ぐ