アテローム,粉瘤の詳細

 皮膚に隣接した皮下組織に老廃物がたまって徐々に大きくなってくる瘤(こぶ)で、アテロームとも呼ばれています。  瘤ができる病気ですが、異常な細胞増殖の結果、発生する腫瘍(新生物)とは病気の性質が異なり...
 皮膚のなかに生じた角質(かくしつ)が充満した袋です。袋自体が角質をつくる細胞でできているため、徐々に内容である角質は増えていきます。

アテローム,粉瘤の関連コラム

健康用語の解説 アテローム(粥状)硬化

動脈硬化は、起こる動脈や起こり方によって3つのタイプに分けられる。大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太... 続きを読む

小さい粉瘤(アテローム)は自分で潰しても大丈夫? 市販薬は有効?

皮膚にできた小さい粉瘤。触っていると気になって、ニキビのように自分で潰したくなりますが、大丈夫なのでしょうか。また、市販... 続きを読む

臭いの強いできもの“粉瘤”と“ニキビ”の見分け方

ニキビのような感じなのに、なんだか臭うと感じたら、それは粉瘤かもしれません。ニキビと似ているのに、自己ケアでは完治しない... 続きを読む

goo検索で調べよう

全身のどこでも発生する粉瘤。おできのようで、どんどん大きくなって、悪臭もする。これは皮下組織に老廃物がたまって徐々に大きくなってくる瘤で、アテロームとも呼ばれています。粉瘤のできる原因や症状、治療法など、まとめて解説します。

粉瘤(アテローム)の基礎知識〜症状・原因

粉瘤(アテローム)とは、皮膚のなかに生じた角質が充満した袋 です。袋自体が角質をつくる細胞でできているため、徐々に内容である角質は増えていきます。

原因は毛穴の奥にある毛包(もうほう)が炎症などの結果、内部に代謝産物をためた袋状の構造をとるようになったものです。外傷により皮膚の表面の細胞が内部に押しやられ、そこに定着して発生する場合もあります。

全身どこにでもできますが、顔面と頭部に多く発生 します。数mm〜数cmのしこりで、なだらかに盛り上がるものと盛り上がりのないものがあります。しこりの表面の皮膚には、ふさがった毛穴のように見える黒色の点状陥没がひとつみられることが多いのですが、そのほかには表面に異常はありません。

ただし、袋が皮膚の内部で破れた場合には、袋の内容が周囲にもれ出て激しい炎症を起こし、急激に赤くはれ上がります。

アテローム(粉瘤)の症状や診断・治療法

皮膚科専門医を受診し、アテロームに間違いないかどうか診察を受けます。胸部、腹部、背部などで小さいものは、気になる大きさになるまで放っておいても問題はありません。顔面や頭部に生じた場合には、傷跡が大きくならないようにアテロームが小さいうちに手術を受けることをすすめます。

手術する場合は、袋ごと全部摘出します。 切開して内容を取り除くだけでは必ず再発します。 炎症を起こした場合には袋をきれいに摘出することが困難になるので、炎症をひかせるために切開だけを行う場合があります。このような場合には、炎症がなくなって数カ月以上たってから手術するとうまく摘出できます。