目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか? 大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているということがほとんどですが、なかなか引きにくい腫れなどは、「麦粒腫(ものもらい)」になっている可能性があります。

麦粒腫(ものもらい)とはどんな病気?

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、俗に「ものもらい」といわれ、主に ブドウ球菌 の細菌感染が、まぶたの外側(外(がい)麦粒腫)や内側(内(ない)麦粒腫)に起こることをいいます。

○外麦粒腫
急性化膿性の炎症がまつ毛の周囲にある汗腺(マイボーム腺)や皮脂腺(ツァイツ腺)に生じ、うみをもった点(膿点(のうてん))がまぶたの皮膚にできます。

まぶたが赤くなり、はれ、痛みが現れます。炎症が強い時は、はれも強く、まぶたが上がらなくなることもしばしばあります。

○内麦粒腫
瞼板腺(けんばんせん)(モル腺)の急性化膿性炎症で、膿点は眼瞼(がんけん)結膜というまぶたの内側にできます。

外麦粒腫・内麦粒腫の進行のしかた

○外麦粒腫
まぶたの一部が赤くはれ、痛みがあります。初期には赤みが目立たない場合もありますが、指で押さえるととくに痛む場所があります。広がるとまぶた全体がはれます。目やにも出ます。炎症が広がると白眼も赤くなります。

やがて数日で、皮下に肉眼で見えるうみが現れ、放置すると皮膚が破れてうみが出ます。

○内麦粒腫
内麦粒腫はマイボーム腺の炎症で起こります。内麦粒腫のほうが、痛みなどの症状が強い傾向があります。

外麦粒腫でも内麦粒腫でも、うみが出るとそのまま治ることが多いのですが、うみが残ると長引くこともあります。また、まれには炎症が拡大し、まぶた全体や眼球周囲にまでうみがたまり(眼瞼膿瘍(がんけんのうよう)、眼窩蜂巣織炎(がんかほうそうしきえん))、重病化する場合もあります。

麦粒腫(ものもらい)に気がついたら、対処・治療法とは?

まぶたのはれが強い時には 氷で冷やし、清潔 に保ってください。あまり触らないようにして早めに眼科で診てもらうことをおすすめします。

治療は、抗生剤の点眼だけで治る場合もありますが、はれがひどい場合は抗生剤や消炎薬を内服すると、普通数日で治ります。膿点が存在すれば麻酔液を点眼し、針で突いてうみを出します。この処置は少し痛みを伴います。また、まぶたを冷やすことは有効です。お酒はひかえましょう。

ものもらい以外にもよくある目のトラブルはアイメイクが原因だった!?

目元は皮膚が薄くとてもデリケート。そしてそれ以上に敏感で感染症にもかかりやすいのが目です。そんな目の周りに異物である化粧品を塗るアイメイクは、たとえ慎重に行ったとしてもトラブルと全く無縁というわけにはいきません。

特に「デカ目」メイクでは、アイラインやアイシャドーはまつ毛の内側から入れ、マスカラはまつ毛の根元からつけるなど、目の際の粘膜にかかるようなメイクもみられます。

このような目の縁ギリギリのメイクは化粧品が目に入りやすく、角膜を傷つける原因になります。また、まつ毛の内側には マイボーム腺 といって目を保護する脂を出す分泌腺があり、ここが化粧品で塞がれると、 ドライアイやものもらい などを起こしやすくなります。

少しでも目の負担を少なくするために、アイラインやアイシャドーはまつ毛の外側に入れ、マスカラはまつ毛の根元からつけないなど、目の縁ギリギリメイクを避けることが大切です。

まつ毛エクステは、自分のまつ毛の1本1本に人工毛をつけて、まつ毛を長く濃く見せるメイク手法。施術者が専用の接着剤を用いて、まぶたから1〜2ミリほどの位置に人口毛を貼りつけます。つけまつ毛よりも自然に見えるうえ、一度の施術で3〜4週間もつことから、若い女性に人気です。

しかし、2015年3月に国民生活センターが行ったまつ毛エクステによる健康被害調査によると、過去1年間に施術を受けた女性1,000人のうち、 4人に1人が目や目の周辺にトラブルを経験。 なかでも多かったのは「目の痛みや異物感」、「目やまぶたのかゆみ」、「目の充血」で、次いで「まぶたのはれや湿疹、かぶれ」、「目の乾燥」、「まつ毛が抜けた」などでした。

トラブルの一因として、 人口毛をつける接着剤の影響 が考えられますが、まつ毛エクステ用の接着剤の成分や表示には法的な規制がありません。そこで国民生活センターが調査したところ、アレルギー性皮膚炎を起こす危険性や眼刺激性のある成分が配合されていたり、成分表示の全くないものがあることがわかりました。

接着剤は直接皮膚につけなくても、まばたきや洗顔、汗などで目や目元に影響を及ぼすことがあります。

目のトラブルを回避する4つのポイント

  1. アイメイクは薄めにして「ドライアイ」防止

アイラインなどの化粧品を目の際までつけると、このマイボーム腺が詰まって涙が蒸発しやすくなるため、ドライアイにつながることに。目が乾きやすい人アイメイクは薄めにしましょう。また、アイメイクは洗顔時にしっかり落とし、ついでに上下のまぶたを軽くさするようにすると、詰まりが改善できます。

  1. 部屋を真っ暗にして寝ることで「眼精疲労」防止

目は閉じていても光を感じます。電気をつけっぱなしで寝ると常に目を刺激することになり眼球の負担になるので、寝室は真っ暗にして眠りましょう。明かりをつけないと寝られないという人は、光源をできるだけ目から遠い場所に置く、タイマーつきのコンセントや延長コードを利用するなど工夫しましょう。熟睡にもつながり、朝スッキリした目で起きられます。

  1. ヒールのある靴を履いて「眼の病気」防止

目の血流や神経の流れが悪いと、目のさまざまな機能が低下して不調や病気につながります。その原因となるのが、悪い姿勢。正しい姿勢をキープするにはヒールのある靴をはくのがおすすめ。自然と骨盤が立ち、背筋が伸びます。ヒールの高さは、自分が歩きやすい高さを選びましょう。ペタンコ靴はラクですが、姿勢が悪くても歩けてしまうので、毎日履くのは避けましょう。

  1. 朝晩2回、遠くを見て「老眼」予防

手元ばかり見ていると、ピント合わせを助ける筋肉である「毛様体」が緊張しっぱなしになり、老眼が進むことになります。毛様体をゆるめるためには時々、空、木など遠くのものを見ましょう。遠くのものを見ながらさらに眼球をキョロキョロ動かすと、毛様体の筋トレにもなり、目の疲れも防止。通勤時や外出時などの習慣にしましょう。

麦粒腫,ものもらい,めばちこの詳細

 まぶたの脂腺(しせん)や汗腺(かんせん)の急性化膿性炎症です。脂腺には、まつ毛のつけ根にある皮脂腺と、まぶたの深部にある脂腺(マイボーム腺)があります。
 麦粒腫は、俗に「ものもらい」といわれ、主にブドウ球菌(黄色、表皮)の細菌感染が、まぶたの外側(外(がい)麦粒腫)や内側(内(ない)麦粒腫)に起こることをいいます。  外麦粒腫は、急性化膿性の炎症がま...

麦粒腫,ものもらい,めばちこ関連リンク

goo検索で調べよう