川崎病の詳細

 全身の血管、とくに小〜中くらいの太さの動脈に炎症が起こる病気です。日本では年間1万人以上の子どもがかかっています。主に4歳以下の乳幼児がかかりやすく、男の子にやや多くみられます。
 皮膚粘膜リンパ節症候群(MCLS)とも呼ばれます。1967年、川崎富作博士によって報告された乳幼児に発症する熱性疾患です。  抗生剤に反応しない高熱が続き、特徴的な皮膚粘膜症状を伴います。急性期の炎...

川崎病の関連コラム

赤ちゃんが罹る「川崎病」ってどんな病気? 主な6つの症状

「川崎病」という病気を知っていますか?<br>正式名称は「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」といいますが、1967年に川崎... 続きを読む

川崎病関連のニュース

川崎病関連リンク

goo検索で調べよう

「川崎病」の正式名称は「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」といいますが、1967年に川崎富作博士が世界で初めて報告したことから、博士の名をとって病名がつけられました。近年急増している川崎病の症状や治療法などについてくわしく解説します。

川崎病とはどんな病気?

この病気は 全身の血管に炎症を起こし、重症の場合は心臓の血管に後遺症 が残ることがあります。 0歳と1歳を中心に4歳以下の乳幼児がかかりやすく、 女の子より 男の子にやや多く みられます。

原因はまだよくわかっていませんが、何らかの病原菌の感染に対して起こった免疫反応によって、全身の血管に炎症が起こるのではないかと考えられています。また、発症には体質が関係することもわかっています。

この川崎病の患者数が近年急増しています。1982年と1986年に大きな流行があった後、1990年代半ばから増加傾向が続き、特に2000年以降急増しているのです。

2000年に約8,300人だった患者数が、2005年には10,000人を超え、2010年12,800人、2012年14,000人となっています。2012年の患者数は、大流行のあった82年の15,600人に次いで多く、0〜4歳の罹患率では過去最高となりました。

川崎病の症状とは?

川崎病の主な症状は次の6つで、この症状が続く間を急性期といいます。

(1)高熱が通常は5日以上続き、解熱薬があまり効かない。
(2)両側の白目が充血して真っ赤になる。目やにはでない。
(3)くちびるが赤くなり、舌の表面にイチゴのような赤いブツブツができる。
(4)手足や体に大小さまざまな形の発疹ができ、かゆみを伴うこともある。
(5)手足が硬くはれ、手のひらや足の裏が指先まで赤くなる。熱が下がるころ指先の皮膚がむける。
(6)首のリンパ節がはれて痛くなる。

これらのうち5つの症状があれば川崎病と診断されますが、症状が出そろわない場合もあります。ほかにも、 腹痛や下痢、黄疸(おうだん)、関節痛、頭痛、けいれん などの症状がみられることがあります。

川崎病の恐さとは…心臓の血管にこぶができる恐れがある

川崎病で怖いのは、 心臓の筋肉に酸素や栄養を送っている血管(冠動脈:かんどうみゃく)に炎症が起こって、 冠動脈瘤というこぶができる こと。

ごくまれですが、大きなこぶができると血管が詰まりやすくなり、心臓へ十分な血液が送られなくなると、 乳幼児でも心筋梗塞を起こす恐れがある のです。

急性期にはほとんどの患者で冠動脈に炎症を起こしていて、炎症がある程度以上強くなると冠動脈瘤ができ、それ以下の場合はそのまま治っていくと考えられています。治療の進歩によって冠動脈瘤が生じる子どもは減っていますが、 冠動脈に後遺症をきたす割合は全体の約3% といわれています。

川崎病の治療方法とは?

原因が不明のため根本的な治療法はありませんが、症状を軽くしたり、冠動脈瘤ができないようにするために、いくつかの治療が行われています。

急性期

a. アスピリンの内服:炎症を抑え、血液が血管内で固まらないようにします。初期は多めに使い、解熱後は減量して約1カ月間使用します。

b. γ(ガンマ)‐グロブリン療法:冠動脈瘤をつくりにくくさせるといわれています。現在は超大量療法と呼ばれる、1日ないし2日間の点滴投与が主流です。γ‐グロブリンは血液製剤なので、患者さんには十分に説明し、同意を得たうえで使用しています。

*γ‐グロブリンが効かない重症の場合は、ステロイド薬の投与や漿交換療法(けっしょうこうかんりょうほう)を行うこともあります。

急性期以後

a. 冠動脈に障害を残さなかった場合:約1カ月間アスピリン内服を続けますが、その他の治療は不要です。ただし、心臓検査を、年に1回程度は受ける必要があります。運動制限はとくにありません。

b. 冠動脈瘤ができた場合:こぶの程度に合わせてアスピリンの内服を続けます。巨大なこぶの場合、アスピリンに、別の抗凝固薬の内服を加えます。こぶの程度により運動制限をすることがあります。

c. 血管が詰まってしまう可能性が高い人:血管バイパス手術や、カテーテルという管を血管に入れ、風船をふくらませて押し広げたり、血管の壁が厚くなって内腔が狭くなっているところを削る治療も行われています。

予後は冠動脈瘤ができなければ、非常に良好です。冠動脈瘤を形成する率は約5%で、同じ患者さんが再発する率は約3%です。

高熱が続き目や口が赤くなったら必ず小児科へ

心臓の後遺症を防ぐためには、できるだけ早く入院治療を受けることが大切 です。それには川崎病の特徴的な症状を見逃さず、必ず小児科を受診すること。

高熱が続いて機嫌が悪い、目や口、手足が赤い、首がはれて痛がるなどの症状があったら、迷わず小児科を受診してください。