正常範囲を超えた血圧を長期間放置していると、血圧の負担のかかる血管や臓器が障害され、さまざまな合併症がおこってきます。合併症をもたらす代表は、動脈硬化です。動脈硬化が進行すると、とくに脳、心臓、腎臓に深刻な合併症を引き起こします。今回は高血圧についてくわしく解説します。

高血圧とは?

血液が、心臓から全身に送り出されるときに、 血管に与える圧力が「血圧」 です。心臓が収縮して動脈に送り出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、また、心臓がもとに戻ったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。 血圧は、高ければ高いほど、血管が厚く硬くなり、血液の通り道が狭くなる「動脈硬化」 が進行している可能性が高くなります。動脈硬化が進むと、 心筋梗塞や脳梗塞 など血管が詰まる病気や 脳出血や大動脈瘤 など血管が脆くなったり、破れたりする病気の引き金になります。

高血圧の原因とは?

高血圧には、大きく分けて2つあります。 本態性高血圧 (ほんたいせいこうけつあつ)と 二次性高血圧 (にじせいこうけつあつ)といわれるタイプです。

○本態性高血圧
高血圧の 患者さんの全体の約90%が本態性高血圧 です。血液検査、さまざまな画像検査などによって原因を特定できる二次性高血圧が否定されると、本態性高血圧という診断になります。

本態性高血圧のなかでも、高齢者では加齢により動脈自体が柔軟性を失ってくるために最高(収縮期)血圧が上昇し、最低(拡張期)血圧がむしろ低下する収縮期高血圧がみられるようになります。したがって、高血圧の分類を本態性高血圧、高齢者収縮期高血圧、二次性高血圧症の3群に分けることもあります。

○二次性高血圧
何らかの 特定される原因があって高血圧を示す状態を二次性高血圧 と呼びます。原因にもよりますが、 治せる高血圧 ということもできます。症状は無症状のものから、その原因に起因した特徴的なものまでさまざまです。検査の手順、診断、さらに治療方法に関してもそれぞれの疾患に応じて行われます。

高血圧になるとどんな症状がでるの?

一般に、高血圧自体が何らかの症状を引き起こすことはないと考えられていますが、軽度の頭痛、頭重感や倦怠感などを訴えることがよくあります。これらの症状と血圧の因果関係は明らかではありません。

ただし、 放置すると致命的になる状態の高血圧 (高血圧緊急症)では、 激しい頭痛、意識障害、けいれん発作、呼吸困難 など重い症状を示します。このような状態では、通常、 最低血圧が120mmHg を超えています。二次性高血圧では、原因により特徴的な症状を示すものもあります。

高血圧を放置するとどうなるの?

血流の圧力が高まった状態が長い間続くと、圧力を受け続けていた血管壁は傷つき、弾力も失われて硬くなっていきます。これが動脈硬化です。 また、動脈硬化があると高血圧は助長されます。このようにどちらが先というよりは、原因と結果が入れ替わりながら進行していくのが高血圧と動脈硬化の関係です。とはいえ、どちらもその状態自体は命を脅かすものではありません。高血圧から発生した 動脈硬化がもたらす以下のような合併症が直接生命にかかわってくる ものばかり、というところが危険なのです。

○脳の血管障害
脳はほかの臓器より酸素やブドウ糖を多く必要とするので、血流が途絶えてそれらが供給されなくなったときのダメージはそれだけ大きくなります。脳の血管は、高血圧・動脈硬化の影響を一番受けやすいといえるのです。

(1)脳出血:脳血管障害のうちで高血圧といちばん深い関係にある。動脈硬化によって弾力を失った血管が、高い血圧に耐えかねて破れて出血。意識を失い、最悪の場合はこん睡状態から死に至る。

(2)くも膜下出血:脳を包む細い血管にできた動脈瘤(どうみゃくりゅう:動脈が部分的に広がり、こぶのように盛り上がった状態)が破れて出血。

(3)脳梗塞:脳動脈や頸動脈が詰まって脳細胞がダメージを受ける。小さな動脈が詰まった場合は軽い症状ですむが、太い動脈におこるとこん睡状態になったり、意識が戻っても運動や言語の機能がマヒするなど重い障害が残る。

○心臓の血管障害
心臓の筋肉に栄養を送っている冠状動脈の血流が滞ったり詰まったりすると、虚血性心疾患をおこします。

(1)狭心症:冠状動脈が狭まり、心筋が必要とする酸素を十分に送り込めないことからおこる。突然胸がギュッと締め付けられるように痛むが、安静にしていると数十分で治まる。

(2)心筋梗塞:冠状動脈が完全に塞がれて血流が途絶えると、その先の心筋の細胞が死に、激しい胸痛をおこす。胸痛はすぐには治まらず、1時間以上も続き、20〜30%の割合で死に至る。

○腎臓の血管障害
腎臓内の細い動脈に動脈硬化がおこると、腎硬化症や腎不全を引きおこします。

(1)腎硬化症:腎臓を流れる血液量が次第に減って機能が低下すると、血圧上昇から動脈硬化がさらに進む。腎臓は、次第に縮んで弾力がなくなる。

(2)腎不全:腎硬化症が進むと血液をろ過する働きが極端に低くなり、老廃物を含む血液が全身を巡る尿毒症を引きおこす。このため、血液を人工的にろ過する人工透析が必要になる。

高血圧を改善する食事のポイント

高血圧の改善には、食塩のとりすぎを抑えることが一番のポイント になります。食塩をとりすぎて体内のナトリウム濃度が高くなると、これを一定に保つシステムが働くのですが、高血圧になりやすい要因をもつ人は、このシステムがうまく働きません。血管の細胞内にナトリウムがたまって血管の内側を狭め血圧を上げてしまいます。また、体内のナトリウムの排出機能のある腎臓も、ナトリウムが多すぎると排出がうまくいきません。すると血液量が増えて血圧を高めることになってしまうのです。

食塩のとりすぎを抑える食生活を実施するには、次のような工夫をしてみましょう。

(1)料理の味付けすべてを薄味にするのではなく、どれか1品はしっかりした味付けにしておくと、メリハリがあって食がすすむ。
(2)塩味の代わりに酢や酸味を効かせても、おいしく食べられる。
(3)薬味や香辛料で薄味にメリハリをつける。
(4)和え物などにごま、くるみ、ピーナッツなどの種実類や大葉、セロリなどの香味野菜を使うとコクと風味が増す。
(5)新鮮な食材を選んで、食材本来の味と香りを楽しむ。
(6)ごま油やオリーブオイルなど少量の調味油で調理すると、うま味が増す。
(7)汁物は具だくさんにすると、食塩を含んだ汁の量が控えられる。
(8)調理に減塩みそ・しょうゆを使う。

食塩(ナトリウム)のとりすぎに注意する一方で、体内の余分なナトリウムを排出してくれるカリウムは積極的にとりたいところです。カリウムには、血圧を上げるレニン(たんぱく質分解酵素の一種)の活性化を抑えるという二重の効果が期待できます。カリウムの豊富な食品は次のようなものですが、このなかで果物は果糖も多く、食べすぎるとエネルギー過剰になるので注意しましょう。

○カリウムの豊富な食品
ほうれん草、春菊、大豆、枝豆、じゃが芋、さつま芋、里芋、わかめ、アボカド、バナナ、キウイフルーツなど

高血圧の改善のための生活習慣とは?

食生活以外で血圧コントロールに役立つことというと、まず 禁煙 があります。 たばこは1本吸うと最高血圧が10〜20mmHgも上がる といわれます。たばこに含まれるニコチンが、血圧を上げる物質の分泌を促進するのです。軽いたばこにするとか喫煙本数を減らすといった小手先のことではなく、きっぱり禁煙すべきです。

適度な運動を習慣的に行う ことも、食生活の改善と並んで欠かせないプログラムです。適度な運動を続けると、体内では血圧を下げる物質が増え、逆に血圧を上げる物質は減ります。また、血液中の脂質を改善し、動脈硬化の予防にもつながります。運動による肥満の改善やストレスの解消といったことも、血圧改善の相乗効果として無視できません。運動種目としては、 ウォーキング、ジョギング、サイクリング など楽に呼吸をしながら長く続けられる有酸素運動が適しています。

高血圧の詳細

 血圧は一般に年齢とともに高くなるといわれていますが、高齢者においても14090mmHg以上を高血圧としています。この定義によると、高齢者の3分の2以上が高血圧であり、ありふれた病気といえますが、脳卒...
 複数回の各来院時に座位で測定された血圧が、常に最高血圧140mmHg以上、あるいは最低血圧90mmHg以上である状態を高血圧と定義しています。現在の基準(表1)では、正常血圧は最高血圧が120mmH...

高血圧の関連コラム

見逃されやすい「仮面高血圧」脳卒中や心筋梗塞のリスクも

病院や診療所などで血圧を測ると正常なのに、家庭や職場などふだんの生活のなかで測ると高い値を示す人がいます。このようなケースも実際は高血圧と呼ぶべきなのに、医療機関での測定ではまるで正常血圧という“仮面... 続きを読む

高血圧が改善しにくい…腎動脈狭窄症かも?8つの項目をチェック

血液の流れを妨げ、臓器の働きを低下させる動脈硬化。心臓(冠動脈)に起これば狭心症や心筋梗塞、脳(脳動脈)で起これば脳梗塞を発症することはよく知られています。動脈硬化はこのほか首(頸動脈)や脚(下肢動脈... 続きを読む

高血圧の人にすすすめたい食事法-8つのポイント

「サイレントキラー」(静かなる殺人者)の異名のある高血圧。その95%は、毎日の悪い生活習慣の積み重ねがベースにあるそうです。つまり私たちは、ふだん何気なく送っている生活ぶりのなかで、自分に牙をむく“殺... 続きを読む

血圧は健康管理の大事なバロメーター|高血圧の基準とは?

一般健診や人間ドックの各検査項目のなかで、前回はBMIと腹囲について具体的に述べました。今回は血圧測定について見ていきましょう。 血圧はBMIと並んで健康診断において大変重要な検査項目です。また健康... 続きを読む

高血圧を放置するとどうなるの?-脳・心臓・腎臓の病気

アメリカでは高血圧のことを「サイレントキラー」と呼ぶそうです。「静かなる殺人者」とは、ずいぶん怖いネーミングですね。でも実際、高血圧であっても痛みや体調不良というようなはっきりと自覚できる症状はほとん... 続きを読む

生活習慣を改善して仮面高血圧などの高リスクを改善しよう

医師が治療の際に参考にするものに「治療ガイドライン」があります。高血圧に関して最新の治療ガイドラインは、日本高血圧学会が作成した『高血圧治療ガイドライン2009』です。その特徴は、国内での大規模な臨床... 続きを読む

お酢のダイエット効果-冷え性・便秘・高血圧に-上手な使分け方

疲れがたまっていたり、夏の暑さで食欲が低下すると酸っぱいものが食べたくなる…そんな方も多いのではないでしょうか。これは、無意識のうちに、体が酢のパワーを求めているとも考えられます。酢の主な成分は酢酸や... 続きを読む

健康診断の検査結果から病気リスクを読み解く-高血圧と高脂血症

血液が、心臓から全身に送り出されるときに、血管に与える圧力が「血圧」です。心臓が収縮して動脈に送り出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、また、心臓がもとに戻ったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)とい... 続きを読む

高血圧関連のニュース

高血圧関連リンク

goo検索で調べよう