ヒトの眼はよくカメラに例えられますが、水晶体はカメラに例えると、レンズの役割をしています。白内障は、水晶体が白濁し目にさまざまな異変が現れる病気です。白内障についてくわしく解説します。

白内障(しろそこひ)とはどんな病気?

水晶体をカメラのレンズだとしたら、その奥にフィルムの役割をしている網膜(もうまく)という神経でできた薄い膜があり、見たものはそこに映ります。

水晶体のはたらきは、光を網膜に届けることと、ピントを合わせることです。 無色透明だった水晶体がにごってきたものが白内障 です。症状をカメラに例えると、汚れたレンズで写真を撮るとかすんだ写真ができます。その見え方が白内障の症状です。

白内障(しろそこひ)の原因や症状とは?

水晶体はたんぱく質、水、ミネラルから成り立っています。このたんぱく質分子がいろいろな原因で大きくなると、水に溶ける性質を失って白濁(はくだく)してきます。また、たんぱく質のなかのアミノ酸は光によって分解され、黄褐色に着色してきます。これもにごりになります。

原因として、いちばん多いのは加齢 です。ほかに、アトピー、糖尿病、遺伝、放射線、薬の副作用など、複数の原因がわかっています。

水晶体に白濁が生じると、 かすんだり、二重三重に見えたり、まぶしくなります。 もっと白濁が強くなると、 視力低下が主症状 になります。黄褐色の着色が強いと、暗い所でとくに見えにくくなったり、一時的に近くが見やすくなったりします。瞳の中央が外から白く見えるほどになるまで放置すると、白内障が溶け出してきて炎症や緑内障(りょくないしょう)を起こして痛くなることがあります。

白内障(しろそこひ)の治療とは?

白内障を 根本的に治す方法は手術しかありません。 逆にいえば、白内障は幸いなことに手術で治せます。

方法は、超音波水晶体乳化吸引術と眼内レンズ挿入術です。

3mm程度に小さく切開したところから超音波プローブを挿入して、 水晶体を乳化吸引し、残った水晶体嚢のなかに眼内レンズを挿入 します。挿入する眼内レンズは、小切開から挿入可能なアクリルやシリコン素材の折りたたみレンズを主に使います。だいたい、20分程度で手術は終了します。

どの程度視力が改善するかは、光を受け止める網膜やさらには視神経、脳に関係する問題です。したがって、白内障だけの場合はよい視力が得られますし、ほかの病気があれば、それに応じた術後視力になります。また、よく見えるようになっても老眼は治らないので、眼鏡は必要です。

白内障の手術後に発症する、後発白内障とはどんな病気?

白内障の手術後、数カ月あるいは1年以上たったころ、手術直後に比べて少しかすんで見えるようになってくることがあります。これは、白内障手術時に残した水晶体の袋が薄く白色に混濁してきたためで、その混濁によって網膜に届く光がさえぎられて、 再び白内障のような症状が起こることから後発白内障 といわれます。

水晶体嚢は細胞からできていて、その細胞が手術後徐々に増殖し、嚢の厚みが増したもので、悪性のものではありません。しかし、一度にごると透明にもどることはありません。

治療は、ヤグレーザーという光線で、その白濁した水晶体嚢の中心を破り、光のとおり道をつくります。眼科の外来で短い時間で処置ができます。多くの場合、一度レーザーを受けると、またよい視力にもどります。

処置後、一時的にもやもやしたにごりが見えることがあります。これは飛び散らせた水晶体嚢のかけらが眼内に浮遊しているのが見えているためで、次第に沈んでいき、気にならなくなります。また眼圧が一時的に上昇したり、まれに網膜剥離を起こすことがあるので、レーザー治療後も眼科受診が必要です。

白内障,しろそこひの詳細

 加齢とともに、水晶体(すいしょうたい)は少しずつ混濁してきます。水晶体が混濁した状態を白内障とすると、40代では40%、50代では60%、60代では80%、70代では90%、90代では100%の白内...
 ヒトの眼はよくカメラに例えられますが、水晶体(すいしょうたい)はカメラのレンズにあたります。その奥に、カメラでいうとフィルムの役割をしている網膜(もうまく)という神経でできた薄い膜があり、見たものは...

白内障,しろそこひ関連のニュース

白内障,しろそこひ関連リンク

goo検索で調べよう