髄膜炎,脳炎の詳細

 髄膜炎は発熱と頭痛、嘔吐や、時にけいれん(20〜30%)を起こすもので、脳炎はそれに加えて意識障害を伴うのが特徴です。乳幼児が多くかかります。
 髄膜炎は持続する頭痛を主な症状とし、発熱、項部(こうぶ)(うなじ)硬直などの髄膜刺激症状、髄液(ずいえき)細胞増加などが認められます。脳炎は、脳実質の炎症を主体とし、発熱、意識障害、けいれん、髄膜刺...

髄膜炎,脳炎の関連コラム

脳腫瘍、視力異常、髄膜炎「頭痛」に伴う他の症状に注意-乳幼児の[頭痛]対処法

非常にまれに、次のような病気が原因となっていることがあります。発熱、吐き気、ひきつけなど別の症状を伴っているときは、なるべく早く、医師の診断を受けましょう。繰り返し「頭が痛い」というようすがあったら、... 続きを読む

髄膜炎,脳炎関連のニュース

髄膜炎,脳炎関連リンク

goo検索で調べよう

生命維持の中枢器官として全身のあらゆる情報をコントロールする脳は、硬い頭蓋骨とその内側にある3層の膜(髄膜)により、外部などからの刺激で損傷を受けないよう、しっかりと守られています。髄膜炎・脳炎は髄膜や脳になんらかの原因により炎症がおこる病気です。

髄膜炎・脳炎とはどんな病気?

髄膜炎は 持続する頭痛 を主な症状とし、 発熱、うなじの硬直 などの髄膜刺激症状、髄液(ずいえき)細胞増加などが認められます。

脳炎は、脳実質の炎症を主体とし、 発熱、意識障害、けいれん、髄膜刺激症状 などがみられます。これらは、両者を合わせた髄膜脳炎としてみられることがあります。

類縁あるいは同一の疾患群としては、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎(さんざいせいのうせきずいえん)、遅発性(ちはつせい)ウイルス感染症などがあります。一般的に予後が悪く、早期の診断、治療が大切です。

髄膜炎・脳炎の症状とは?

発熱、頭痛、意識障害、けいれんなどが急性 に現れたか、あるいは 亜急性 (あきゅうせい)、 慢性 に起こってきたかに注意する必要があります。 細菌性髄膜炎やウイルス性髄膜炎・ヘルペス脳炎では急性 に起こり、 結核性・真菌性髄膜炎では亜急性 であり、 遅発性ウイルス感染症では慢性に数年かけて発症 するとされています。

進行すると、 深い意識障害、けいれんの重積 を示すことがあります。体温、脈拍、血圧、呼吸などのバイタルサイン(生命徴候)の監視も必要になります。

髄膜炎・脳炎の原因とは?

病原にはさまざまな ウイルス、細菌、寄生虫 などがあげられ、他臓器での感染巣からウイルス血症、菌血症として、あるいは特発性に髄膜腔(ずいまくくう)や脳実質へ侵入するといわれています。

病因からみた主な髄膜炎は、 ウイルス性、細菌性、結核性、真菌性 で、このほか、 寄生虫、髄膜がん腫症 (がん性髄膜炎)などによる髄膜炎もあります。

急性脳炎では単純ヘルペスウイルスによる 単純ヘルペス脳炎 の頻度が高く、日本では年間で100万人に3・5人、約400例の発症とされます。 日本脳炎 の場合7〜9月に数例の小流行がみられます。このほか、インフルエンザ、風疹(ふうしん)、はしか(麻疹)などに伴う 急性脳炎・急性脳症 (二次性脳炎)などがあります。髄膜炎菌髄膜炎(ずいまくえんきんずいまくえん)、 日本脳炎 、プリオン病の クロイツフェルト・ヤコブ病 は、感染症法の4類・5類感染症(全数把握)に指定され、届け出が義務づけられています。

  • 単純ヘルペス脳炎

主に単純ヘルペスウイルス1型によって引き起こされる脳炎である。死亡率は20〜30%とされており、とくに昏睡に至る深い意識障害、けいれんの頻発、脳圧亢進を認める症例の予後は極めて不良とされている。

  • 急性脳症

脳機能障害の症状である意識障害やけいれんを起こす。乳幼児が多くを占めます。

  • クロイツフェルト・ヤコブ病

異常プリオン蛋白が脳に蓄積して神経細胞を破壊する致死的な病気です。

  • 日本脳炎

コガタアカイエ蚊による日本脳炎ウイルスによって広められます。インド、タイなどのアジア地区での流行では小児に多発、日本では、主として成人・高齢者にみられます。

髄膜炎・脳炎とはに気づいたらどうする

発熱、頭痛、項部硬直 などの髄膜刺激症状、あるいは 発熱、意識障害、けいれん 、髄膜刺激症状などが現れた場合、髄膜炎、脳炎が疑われます。診断に髄液検査、頭部CT・MRI・脳波検査、病原検査が必要であり、加えて意識障害、けいれん、呼吸管理などに迅速に対応できる高次医療機関の神経内科、感染症科などの内科、小児科の受診をすすめます。

髄膜炎・脳炎の子どもの症状の見分け方

○髄膜炎の症状チェック
脳やせき髄の表面の膜(脳膜・髄膜)に炎症が起きて、熱を出したり、頭痛や嘔吐の症状とともに、20分間くらいの長いひきつけを起こします。

ウイルスや細菌による感染が原因ですが、そう簡単に髄膜炎になるわけではなく、長引いたかぜやおたふくかぜなどで、からだの抵抗力が落ちたときにかかりやすい病気です。

ウイルスが原因の場合は、ほとんど治りますが、細菌性のものは、知的な発育が遅れるなど、障害が残ることがあります。

髄膜炎は、小さな子どもほど、発見が難しい病気です。ママやパパは赤ちゃんや幼児のSOSを見逃さないようにしましょう。

  • 発熱
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • ふきげん
  • トロトロ眠りがち
  • 大泉門(頭蓋の真ん中)真ん中がはれる

○脳炎の症状チェック
主に、ウイルス感染によって脳のむくみや炎症がおこり、ひきつけや意識障害を起こします。はしかなどの感染症のあとで発症することもあります。早めに気づいて適切な治療を受けることがとても大切です。

  • 発熱
  • トロトロ眠りがちで意識がなくなる
  • けいれんを起こす
  • 頭痛
  • 嘔吐