肺は、脊椎、肋骨、胸骨でつくられた鳥かご状の胸郭で囲まれている、リーフ型をした袋状の呼吸器官です。肺がんとは、その肺から発生したがんの総称です。とくに高齢の男性では、がんのなかでも最も発生頻度が高く、日本では第1位です。 肺がんについてくわしく解説します。

肺がんとはどんな病気?

肺がんは、肺や気管支などにできる 悪性の腫瘍 です。肺がんは、 小細胞(しょうさいぼう)肺がん非小細胞肺がん に大別されます。肺がん全体の 約10〜15%が小細胞肺がん 、残る 85〜90%が非小細胞肺がん です。

小細胞肺がんと非小細胞肺がんとでは、 病気の特徴や薬の効きめが大きく異なっています。 両者をきちんと区別することで、治療法を決めたり、予後(肺がんが治るかどうか)を予測します。

小細胞肺がんは、 増殖のスピードが速く 、見つかった時にはすでに 他の臓器へ転移 していることが多い、極めて悪性度の高いがんです。その反面、 抗がん薬や放射線が比較的よく効きます。 したがって、多くの場合、手術ではなく、抗がん薬や放射線で治療を行います。

非小細胞肺がんは、小細胞肺がんに比べると 増殖のスピードは若干遅い ものの、 抗がん薬や放射線が効きにくい がんです。早期に見つかり手術で完全に取り除くことができれば、十分に治る見込みがあります。

肺がんの原因とは?

がんは、 遺伝子異常の蓄積 によって生じます。では、遺伝子の異常は何を原因として生じるのでしょうか。 遺伝子に異常を与える刺激の代表的なものは、発がん物質、放射線、紫外線、慢性の炎症 などです。

肺がんの原因の第一はたばこ です。たばこの煙のなかには、4000種類以上の化学物質が含まれており、そのうち約200種類は有害物質で、 40種類以上は発がん促進物質 であるということが知られています。これらの 発がん物質が複合的にはたらいて肺がんをつくります (これを化学発がんと呼びます)。つまり肺がんは、たばこの煙という発がん物質によってできるがんです。

たばこ以外にも、 体質(遺伝的素因)、大気汚染、食事、職業 などさまざまなものが肺がんの発生に影響を与えることが示されていますが、たばこの影響の深刻さに比べるとわずかなものにすぎません。

肺がんは世界中で急激に増加しています。日本においても、1998年には胃がんを抜いてがん死亡の第1位になりました。2008年人口動態統計(厚生労働省)によれば、「気管、気管支及び肺の悪性新生物」の死亡者数は年間6万7000人(男性4万9000人、女性1万8000人)でした。増加傾向は今後も続き、2028年には肺がん死亡は年間13万人に達すると推測されています。

実に、全国民の8〜9人に1人が肺がんで死亡するということになります。その背景にあるのは、禁煙対策の遅れと社会の高齢化です。急増する肺がんの予防と治療をどのように行うかは、21世紀初頭の大きな国民的課題と考えられます。

肺がんの症状とは?

肺がんは、症状が出る前に 健康診断などで発見 されることもありますが、多くは 4週間以上続く咳 (せき)、 喀痰 (かくたん)、 血痰 (けったん)、 発熱、呼吸困難、胸痛 などの呼吸器の症状をきっかけに発見されます。まれに、胸膜への転移(胸水貯留)や脳転移の症状(頭痛、吐き気、嘔吐)、骨転移(腰痛や胸痛)などで見つかることもあります。

気管・気管支に発生するタイプの肺がんは、血痰や咳、呼吸困難などの症状が出やすく、早期に発見されることも多いのですが、肺の末梢に発生するタイプの肺がんは、 がんが大きくなるまで無症状 のことが多く、要注意です。

肺がんの検査の方法とは?

定期検診(集団検診)としての 「肺がん検診」 は、一般的に 胸部X線検査 と、痰の出る人や喫煙者には 喀痰検査 が加わります。 40歳以上が肺がん検診の対象 になり、毎年1回が基本です。

○胸部単純X線検査
肺の腫瘍や炎症(肺炎や肺結核)のほかに、心疾患、胸部大動脈瘤、縦隔腫瘍、胸水などを発見することができ、このような疾患の評価や経過観察にも広く用いられます。ただし、CTに比べて小さな病変を発見することは苦手なため、胸部CT検診で発見可能な早期肺がんレベルを胸部単純X線検査で見つけることは非常に困難です。そのため、検診を受診する際は、その限界を知っておく必要があります。

○喀痰(かくたん)検査
肺や気管支、気管の分泌物である喀痰には、呼吸器のさまざまな情報が含まれています。例えば、 感染症にかかるとたんの量が増え、色が濃く なります。 ぜんそくではさらっとした痰 が出ます。 がんの場合には、痰の中に糸をひくような血液が混じる ことがあります。

喀痰の検査にはがん細胞が入っていないかを見る喀痰細胞診と、たんに混じっている細菌や真菌(カビの一種)を調べる細菌検査があります。細菌検査には顕微鏡による観察と培養検査があります。通常、肺がんの検査としては、細胞診のみが行われます。

○腫瘍マーカー
さまざまな腫瘍マーカーがありますが、肺がんの腫瘍マーカーでは、小細胞肺がんに対するプロGRP、NSE、非小細胞肺がんのなかでは、腺がんに対するCEA、扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんに対するシフラ、SCCが代表的なものです。

○気管支内視鏡検査
ある程度の 苦痛と危険を伴う検査 ですが、肺がんであるかどうか、肺がんだとした場合にどこまで進んでいるかを判定するためには欠かすことのできない重要な検査です。カメラで気管支内部を観察するとともに、病巣から直接細胞や組織を採取して詳しい検査をします。

○CT検査
従来の胸部X線検査に比べ、 肺のほとんどすべての領域を正確に調べる ことができます。また、 リンパ節の転移などもかなり正確に判断 することができます。肺がんがあるかどうか、どの程度進行しているかなどを調べるための最も重要な検査のひとつです。

○MRI検査
磁力を検出することで病変の存在や、その性質を調べる検査です。この検査が肺がん診療にとくに力を発揮するのは、縦隔(じゅうかく)という 肺に隣接した臓器へのがんの浸潤 (しんじゅん)を調べたり、 脳、骨、骨髄へのがんの転移を検出 する際です。より詳細な検査が必要と考えられた場合に、場所を絞って調べることが一般的です。

○骨シンチグラフィ
全身の骨への転移の有無を一気に調べることができる ため、病期を決定して治療法を選択する際に行う検査です。

○超音波検査
手軽に実施できて、副作用もまったくない 検査です。胸水のたまり具合をみたり、肝臓や副腎などの腹部への転移を調べる際に使われます。

○換気血流シンチグラフィ
肺は呼吸を維持するために欠かすことのできない臓器です。手術によって病巣を切除する場合、 残った肺で十分に呼吸ができるかどうか予測する ことは極めて重要です。肺機能検査と併用してこの検査を行うことで、手術後の肺機能を予測することができます。切除範囲が広くなる場合や、元々の肺機能が不良な患者さんに実施されます。

○PET(ポジトロンCT)
腫瘍細胞は、糖分の取り込みや消費パターンが正常細胞と異なっています。この性質を利用してがんであるかどうか、どこに病巣があるかを調べる検査です。

良性・悪性の区別、リンパ節転移の診断、術後の局所再発の確認などにおいては、従来のCTに比べて、同等またはそれ以上の精度があるといわれています。

○骨髄穿刺(こつずいせんし)
小細胞肺がんは、骨髄への転移を高頻度に起こします 。治療法を決定する場合に、 骨髄の細胞を直接採取 して調べます。

以上、一見、非常に多くの検査がありそうですが、進行が速い肺がんをできるだけ早く診断し、早急に最適な治療法を決定するためには、複数の検査を一気にやってしまうことが一般的です。

肺がんの治療方法とは?

肺がんの治療法は、 細胞型と進行度 で決められます。細胞型というのは、前述の小細胞肺がんか非小細胞肺がんかということです。

(1)小細胞肺がんの治療
悪性度の高い小細胞肺がんの進行度は、 がんが片方の胸部だけに限られている限局型 と、 それを越えて進んでいる進展型 に分けられます。治療をしなかった場合の余命は、 限局型で6カ月、進展型では2〜3カ月 にすぎません。

限局型小細胞肺がんの治療は、放射線療法と、抗がん薬による化学療法を同時に併用 することが標準的になっています。内臓の機能が正常で、重い合併症がない人では、中央生存期間(生存期間の中央値)は 2年〜2年6カ月 、全体の4分の1の患者さんが治ることが国内外の臨床試験で明らかになりました。

一方、 進展型小細胞肺がんの治療成績は不良 です。進展型では、病気が広がっているために放射線療法は適しておらず、 抗がん薬による化学療法 が選択されます。標準的治療法は、シスプラチンとエトポシドの2薬併用、または、シスプラチンとイリノテカンの2薬併用です。高齢者、腎臓の機能が低下した人、全身状態があまりよくない人では、シスプラチンの代わりにカルボプラチンが使用されます。なお、I期(早期肺がん)で発見される小細胞肺がんはまれですが、手術で約50%程度の治癒が見込まれるとされています。

(2)非小細胞肺がんの治療
非小細胞肺がんの治療は、 I、II期のいわゆる早期肺がんでは手術 (または手術と抗がん薬の併用療法)が、 III期の局所進行期がんでは抗がん薬と手術または抗がん薬と放射線の併用療法 が、 IV期の進行期がんでは抗がん薬 が使用されます。

I期では60〜80%程度、II期では40〜50%程度が治ります。III期の一部は手術できることがありますが、治癒の見込みは15〜30%程度、手術不能のIII期では、標準的な治療を受けた場合で10〜15%程度です。

III期の場合、手術可能例では術前に抗がん薬を投与することで治癒の見込みが高くなることがわかっています。手術不能例では、放射線療法と抗がん薬の同時併用療法が優れているということが確立しています。

IV期の進行期肺がんでは、治癒を期待するのは極めて困難です。ただし、抗がん薬の使用によって延命効果とQOL(生活の質)の改善が得られることが明らかになっています。最近は新しい治療薬として分子標的薬も登場しました。

あなたの肺、弱っていませんか? 肺機能チェックリスト

呼吸器専門医の大谷義夫先生によると、肺の機能は20歳がピークで、少しずつ低下していくのだそう。運動不足だと、少し走っただけで息切れしますが、これも肺の衰えのひとつです。

肺の症状で最も身近なのは咳。風邪だと思っていたら、実は「ぜんそく」というケースも多いとか。風邪がきっかけで咳が抜けなくなり、「咳ぜんそく」になることもあります。

また、ある35歳の女性は、 1カ月以上咳が続き ながら、3つの病院で風邪の診断。大谷先生が診ると 「肺がん」が発覚 したそう。

「風邪の咳は長くて2週間まで。1カ月も続いたら他の病気ですが、病院で風邪と言われてしまうことは多い。咳や痰が続くなら、呼吸器内科を受診して下さい」と大谷先生は言います。

肺の衰えは自覚しにくい もの。下のリストで一つでも当てはまるものがあったら、肺機能低下の可能性があると考えられます。

□風邪でないのに咳が続く
□天気によって、咳がひどくなる
□よく痰がからむ
□階段の上り下りや少しの運動で息切れがする
□同年代の人と同ペースで歩くのが辛い
□呼吸がゼイゼイ、ヒューヒューする

深呼吸で肺の衰えを防ぎ、疲れにくい体に

肺の衰えを防ぐには、どうしたらよいのでしょうか。
「日頃の生活の中で、呼吸を大切にするとよいでしょう。他の臓器は自分で動かせませんが、肺は呼吸でコントロールできます」(大谷先生)。

最近はストレスで呼吸が浅くなっている人も多く見られますが、浅い呼吸では肺の一部でしか空気交換ができず、少ししか酸素が取り入れられなくなります。深呼吸をすると酸素がしっかり入り込み肺が元気になるので、時々、意識して深呼吸するように心がけましょう。

深呼吸がうまくできない人や、最近、息切れが気になる人は、下記の「肺トレーニング」を。胸が開かれるので、普段呼吸が浅い人も新鮮な空気をたっぷり吸い込むことができ、疲れにくい体になります。ぜひトライしてみてください。

  1. 手を頭の後ろで組み、ゆっくり息を吸う。
  2. 次に、細く長く息を吐きながら、腕を真上に伸ばしていく。

※1〜2を3回繰り返す。

肺腫瘍,肺がんの詳細

 肺がんとは 肺から発生したがんの総称です。とくに高齢の男性では、がんのなかでも最も発生頻度が高く、日本では第1位です。  肺がんには、顕微鏡で見たがんの組織の特徴から、腺がん、扁平上皮(へんぺいじょ...
 肺にはいろいろな種類の悪性腫瘍が発生しますが、その大半は肺がんです。肺がんは、気管支や肺をおおっている細胞(上皮細胞)から発生するものです。一方、上皮以外の細胞から発生するものに、悪性リンパ腫、がん...

肺腫瘍,肺がんの関連コラム

肺のはたらきとは? 肺の構造と呼吸のメカニズム|肺がんは進行が早い?

呼吸は私たちの最も基本的な生理作用です。口から摂取した栄養素を、呼吸によって取り入れた酸素で燃焼させて活動のもとになるエネルギーを得ています。燃焼で生まれた二酸化炭素を排出するところまでを呼吸(ガス交... 続きを読む

肺がんの基礎知識 一次検診と二次検診の主な検査方法|危険因子

年齢別にみた肺がんの罹患率は、40歳代後半から増加し始め、高齢になるほど高くなります。その傾向は男性ほど顕著で、罹患率・死亡率ともに男性は女性の3倍から4倍となっています。 国立がん研究センターがん... 続きを読む

愛川欽也さんが肺がんで死去 気をつけたい病気の実態

「キンキン」の愛称でも有名な俳優の愛川欽也さんが肺がんを患って他界されました。80歳でした。つい先日、人気番組「アド街ック天国」の司会を降板したばかりで、健康状態が心配されていました。 昨年冬よ... 続きを読む

肺腫瘍,肺がん関連のニュース

肺腫瘍,肺がん関連リンク

goo検索で調べよう