甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が低下して活動性が低下する病気です。圧倒的に女性に多く、40歳以後の女性では軽症なものも含めると全体の5%にみられます。 甲状腺機能低下症についてくわしく解説します。

甲状腺機能低下症とはどんな病気?

甲状腺は、通称“のど仏”の下につながっている気管軟骨の前面に、蝶が羽を広げたように張りついています。重さは約10グラム、大きさはマグロの刺身(やや大きめ)二切れほどで、ホルモンを出す内分泌腺としては人間の体の中で最大です。そうはいっても、健康な人の甲状腺は柔らかくて筋肉に覆われているので触ってもわかりません。ですから、 甲状腺がはれて大きくなったり、硬くなったりして触れるときは、甲状腺の病気が疑われます。

甲状腺ホルモンは代謝を亢進(こうしん)させ、運動および精神機能を活発にさせるはたらきがあります。 甲状腺機能低下症はこのホルモンの不足により甲状腺機能が低下する状態 で、 全身の臓器の機能低下 が起こる病気です。成人に起こり、症状がはっきり出ているものは粘液水腫(ねんえきすいしゅ)、小児にみられる先天性のものはクレチン病とも呼ばれます。

甲状腺機能低下症の症状とは?

甲状腺ホルモンは、全身の代謝を維持するのに重要なホルモンです。このホルモンが低下すると活動性が鈍くなり、 昼夜を問わず眠く、全身の倦怠感が強く、記憶力や計算力の低下 がみられます。また、 体温が低くなり、皮膚が乾燥して、夏でも汗をかかなくなり ます。 顔はむくみやすくなり、脱毛が起こり、カツラが必要になる こともあります。 声が低音化してしわがれる のも特徴です。 体重は増え、便秘になり、無月経になる こともよくあります。

甲状腺は多くの場合はれていますが、萎縮性(いしゅくせい)甲状腺炎といってまったく甲状腺のはれがなく、高度の甲状腺機能低下症になることもあります。

顔や手足がむくみやすくなるのは、ムコ多糖類(たとうるい)という物質が皮下にたまるからで、そのために押してもへこまないむくみが起こり、粘液水腫といわれる理由になっています。また、 眉毛の外側3分の1が抜けるのが特徴 です。 アキレス腱をハンマーで叩いて反射をみると、もどる時の動きがゆっくり になります。

甲状腺機能低下症の原因とは?

原因により、 甲状腺自体が損われて起こる原発性機能低下症 と、甲状腺をコントロールしている 甲状腺刺激ホルモンの分泌が低下するために起こる続発性機能低下症 、そして極めてまれな 甲状腺ホルモン不応症 とに分かれます。

原発性機能低下症の原因 としては、 甲状腺の術後、アイソトープ治療後、甲状腺ホルモン合成障害 などもありますが、圧倒的に多いのは 橋本病(慢性甲状腺炎) です。ただし、甲状腺は予備能力が非常に高い臓器で正常な細胞が10分の1残っていればホルモンの分泌は低下しないので、橋本病でも多くの場合は甲状腺腫があるだけで、甲状腺機能低下症の症状は出ません。

甲状腺機能低下症に気がついたら…治療法とは?

甲状腺機能低下症の治療は簡単で、どのような原因でも 甲状腺ホルモンの投与 を行います。甲状腺ホルモンとして、昔は乾燥甲状腺末なども使われていましたが、現在では サイロキシン (チラージンS)の錠剤で治療するのが一般的です。甲状腺ホルモン薬は食事や他の内服薬の影響をさけるために、 寝る前に服用 をするようにします。

甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモンを測定して、正常域に入ればあとはその量を長期に服用するだけで、 薬の副作用が起こることはありません。

なお、橋本病による甲状腺機能低下症でも、回復して甲状腺ホルモンの服用が必要なくなることもあるので、定期的に検査をしながら中止できないかどうかを調べていきます。

○甲状腺機能低下症のチェックリスト
甲状腺機能低下症を見つける簡単なチェックリストを示しておきます。これで甲状腺機能低下症の可能性があると思ったら、かかりつけ医あるいは内分泌・代謝科のある病院でFT4とTSHを測定してもらいます。

甲状腺の病気は、ほかの病気と間違えられやすいって本当?

甲状腺ホルモンは人間のあらゆる臓器・組織の新陳代謝にかかわっているため、その分泌に変調を来たすと 体全体にさまざまな形で影響 が現れ、ほかの病気と間違えられることもしばしばです。

ホルモン分泌が過剰になるバセドウ病 は、ちょっと動いただけで心臓がドキドキと脈打ち、頻脈となるため 心臓病と間違えられます。 脈の乱れ(不整脈)があればなおさらです。のどが渇き、水をほしがるので 糖尿病 を疑われることもあります。

いずれの場合も、高齢者では 精神病を含めていろいろな病気と誤診 される可能性が高く、学生では友達との関係が悪化して 登校拒否 になったり、 先生から怠け者扱い されて退校にいたることさえあります。また、閉経時の女性では 更年期障害 などを疑われることも少なくありません。

別の病気と間違えやすい 甲状腺の病気を正しく見極めるには、やはり甲状腺専門医を受診するのがよい でしょう。甲状腺専門の施設では 1時間もあれば適切な検査と診断と治療方針 が得られます。日本甲状腺学会では、学会認定の専門医を都道府県別にホームページ(http://www.japanthyroid.jp/)で公開しておりますので、参考にしてください。

甲状腺機能低下症の詳細

 甲状腺ホルモンは代謝を亢進(こうしん)させ、運動および精神機能を活発にさせるホルモンです。甲状腺機能低下症はこのホルモンの不足により甲状腺機能が低下する状態で、全身の臓器の機能低下が起こる病気です。...
 甲状腺ホルモンの分泌が低下して活動性が低下する病気です。圧倒的に女性に多く(男女比は1対10以上)、40歳以後の女性では軽症なものも含めると全体の5%にみられます。  成人に起こり、症状がはっきり出...

甲状腺機能低下症関連リンク

goo検索で調べよう