播種性血管内凝固症候群,DICの詳細

 さまざまな基礎疾患に伴い、血管内での血液凝固の亢進(こうしん)による全身の小血管での微小血栓の形成、その過程における血小板や凝固因子の消費と二次線溶亢進(せんようこうしん)(凝血を溶かす)による出血...
 元来、正常な血管内では、血管内皮の抗血栓性や血液中の抗凝固因子のはたらきにより、血液は凝固しないような仕組みをもっています。  播種性血管内凝固症候群(DIC)は、さまざまな重症の基礎疾患のために過...

播種性血管内凝固症候群,DICの関連コラム

播種性血管内凝固症候群(DIC)(女性の病気と妊娠・出産)

<br>播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、さまざまな理由によって血管内で血液凝固系が活性化され、全身的に血管内で血液が凝固し、細小血管に多数の微小血栓を生じる病態のことです。 <br>このため、... 続きを読む

播種性血管内凝固症候群,DIC関連のニュース

播種性血管内凝固症候群,DIC関連リンク

goo検索で調べよう

播種性血管内凝固症候群とは、さまざまな重症の基礎疾患により、血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病気です。 播種性血管内凝固症候群(DIC)についてくわしく解説します。

播種性血管内凝固症候群(DIC)とはどんな病気?

さまざまな基礎疾患に伴い、血管内での血液凝固の亢進による全身の小血管での微小血栓の形成、その過程における血小板や凝固因子の消費と二次線溶亢進(凝血を溶かす)による出血傾向および、微小血栓による虚血性臓器障害を示す病態の総称です。

播種性血管内凝固症候群(DIC)の原因とは?

DICの基礎疾患には、 急性前骨髄球性白血病前立腺がん肺がん などの悪性腫瘍、 前置胎盤早期剥離羊水塞栓 などの産科的疾患、 敗血症熱傷外傷 など、さまざまな重症の疾患があります。

これらの基礎疾患の悪化に伴い、生体内の抗血栓性の制御をはるかに超える 大量の凝固促進物質 (組織因子)が血管内に流入(出現)することがDICの原因と考えられています。

悪性腫瘍(がん)細胞が産生し、胎盤・羊水中にも多量に含まれる組織因子は、敗血症の時にはエンドトキシン刺激により単球・内皮細胞に大量に発現することが判明しており、DICの原因物質であることが知られています。

小児では白血病などの血液造血器の腫瘍、敗血症などの重症の感染症、新生児仮死や呼吸窮迫症候群などの新生児疾患に伴う場合が多いと報告されています。

播種性血管内凝固症候群(DIC)の症状とは?

DICでは、全身に多発する血栓形成に伴って血小板や凝固・線溶(せんよう)因子の消費・欠乏状態を起こして、 皮膚の紫斑 (しはん)や 点状出血、静脈注射痕からの出血、下血、血尿など全身の出血 傾向を生じます。

また、多発する微小血栓のために虚血性循環障害を生じ、さまざまな 臓器症状(腎臓での乏尿、無尿、肺での呼吸困難、消化管では急性潰瘍による下血、中枢神経系では意識障害 など)を生じ、進行すると 多臓器不全で死に至る こともまれではありません。

白血病(とくに急性前骨髄性白血病)を基礎疾患 とした場合は線溶亢進型DICと呼ばれ、 出血 症状が著しくなります。これに対して 敗血症 などに合併した場合は、血管内皮細胞障害が優勢で形成された微小血栓が溶けにくく、線溶抑制型DICと呼ばれ、さまざまな程度の*臓器不全症状*が生じます。

播種性血管内凝固症候群(DIC)の治療方法とは?

(1)DIC基礎疾患の治療
原因となる 基礎疾患の治療が極めて重要 です。しかし、基礎疾患の除去は容易でなく、しかも時間のかかる場合が多く、実際には抗凝固療法などによりDICをコントロールしつつ基礎疾患の治療を行うことが必要になります。

(2)抗凝固療法
DICでは、基礎疾患により引き起こされた過凝固(かぎょうこ)状態を制御するために*抗凝固療法*が必要です。

(3)補充療法
DICの消費性凝固障害のために出血傾向が顕著な時には、抗凝固療法を十分に行いつつ、濃厚血小板(PC)、新鮮凍結血漿(けっしょう)(FFP)、あるいは濃縮AT製剤(アンスロビンPまたはノイアート)などを適宜投与して血液成分補充を行う必要があります。