広汎性発達障害の詳細

 広汎性発達障害は、自閉症(じへいしょう)、アスペルガー障害を含み、さらにそれらの周辺にある疾患群を加えた比較的広い概念で、社会性、コミュニケーション、想像力の3つの領域の障害があります。「自閉症スペ...
 社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性(しょうにきほうかいせい)障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。

広汎性発達障害の関連コラム

広汎性発達障害(PDD)とは? 特徴や症状‐何歳から診断できる?

脳の障害である広汎性(こうはんせい)発達障害。いちはやく気づくことで、その人の特性を生かした環境作りや、苦手なことへの対... 続きを読む

アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状

広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人もいるほど、本人でも気づきにくい障害です。アスペルガ... 続きを読む

自閉症(広汎性発達障害)とはどんな病気? 症状がでるのは何歳から?

発達障害のひとつ、自閉症。コミュニケーションが苦手で、自分独自の強いこだわりがあるなどの特徴があげられます。何歳頃にわか... 続きを読む

アスペルガー症候群(広汎性発達障害)の人との接し方‐言い回しのコツ

4000人に1人の割合と言われているアスペルガー症候群。現在では、もっと割合が高いと言われています。コミュニケーションが... 続きを読む

広汎性発達障害関連リンク

goo検索で調べよう

広汎性発達障害は、自閉症、アスペルガー障害を含み、さらにそれらの周辺にある疾患群を加えた比較的広い概念で、社会性、コミュニケーション、想像力の3つの領域の障害があります。「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれることもあります。

広汎性発達障害とはどんな病気?

広汎性発達障害には、 自閉症アスペルガー症候群 、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害が含まれます。また、広汎性発達障害のうち、知的障害を伴わないものを高機能広汎性発達障害と言います。

広汎性発達障害には、3つの特徴があります。

  1. コミュニケーションが困難

人から言われたことをそのままダイレクトに受け取るため、冗談が通じない、会話が苦手、オウム返しといったことがみられます。

  1. 対人関係をスムーズに築くことができない

相手との距離感や空気を読むのが苦手で、相手にまったく関心を持たなかったり、逆に積極的に関わりすぎることもあります。相手が傷つくことを何気なく言ってしまうため、孤立してしまうこともあります。

  1. こだわりが強く、新しい環境での適応能力が低い

自分のルールや順番にこだわりがありため、臨機応変な対応ができません。そのため、初めて体験することや、自分の興味のないことに対応するのがとても難しいのです。

広汎性発達障害の 原因はまだ特定できていません が、脳が形成される過程で複数の遺伝子が関与することによる脳機能障害と考えられています。親の育てかたやしつけが原因ではありません。

広汎性発達障害の診断の基準

広汎性発達障害と診断される基準とは、一体どのようなものなのでしょうか。現在、自閉症その他の診断では、イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性について当てはまるかどうかを見ていきます。

①対人的相互反応、すなわち社会性の障害(相手の気持ちがわからない、など

  • アイコンタクト、表情、身振りなど、言葉以外を使ったコミュニケーションがうまくできない
  • 発達に応じた仲間関係をつくれない
  • 楽しみや興味あるものを人と分かちあえない
  • 人の気持ちが理解できない

②コミュニケーションの障害(気持ちをうまく伝えられない、など)

  • 話し言葉の発達の遅れ
  • 人とスムーズに会話を続けられない
  • オウム返しやその子独特な言葉づかいをする
  • その年齢に応じたごっこ遊びやものまね遊びができない

③想像力の障害とそれに基づく行動の障害(こだわりが強い、など)

  • 特定のものに、異常なほど興味や関心がかたよっている
  • 決まった習慣や儀式にかたくなにこだわる
  • 同じ動作を何度もくり返す
  • ものの一部に熱中する

アスペルガー症候群・自閉症の特徴とは?

広汎性発達障害のグループに含まれる中でも、比較的よく耳にする、アスペルガー症候群と自閉症の特徴について解説します。

○アスペルガー症候群
知的障害はない のですが、 コミュニケーション障害、対人関係や社会性の障害、パターン化した行動・興味・関心のかたよりが特徴 です。自閉症のように幼児期に 言葉の発達の遅れなどがない ため、障害があることがわかりにくく、成長するとともに困難な事柄がはっきりしてきます。

残念ながら、現代医学ではアスペルガー症候群の 原因は不明 です。遺伝要因や環境要因が関係していると言われていますが、 根本的治療はありません 。しかし、本人が困難とする社会生活に対して、スムーズに対処するように リハビリや訓練 を受けることによって、 困難や生きづらさを軽減 することはできます。

○自閉症
知的な遅れを伴う場合もあれば、そうでない場合もあります注意欠陥障害や、学習障害、てんかんを合併 しやすくなります。

自閉症の特性は、 臨機応変な対人関係が苦手 で、自分の関心、やり方、ペースの維持を最優先させる志向が強いことです。そのため、特性が強い人は 社会生活において支障 が出ます。また、特性が強くない人は、繊細なため人と自分の違いに傷つきやすく、 いじめ被害の対象になる こともあります。自閉症の人が快適に社会生活を送るためには、周囲が正しく自閉症を理解することや、協力が欠かせません。

発達障害をもつ子どもへの家庭での接し方6つのポイント

広汎性発達障害の子どもは、指示をすんなりと理解したり、器用にこなすことが苦手です。また、成功したという体験やほめられる体験を重ねる機会が少なく、「私(ぼく)はできるんだ」という自信が育ちにくく、劣等感が強くなりがちです。ですから、家庭では子どもが成功する機会を増やせるようにしてください。そして子どもの行いを、なるべくポジティブに受け止めてあげましょう。

以下は家庭での接し方の6つのポイントです。

  1. 感情的に叱らない
  1. いけない行動は無視する
  1. いい行動ができたときには必ずほめる
  1. いけない行動をコントロールしたり、いい行動ができたら目に見える形で評価する
  1. 行動目標は具体的に小刻みに
  1. 親は安定したぶれのない対応をする

日々の暮らしのなかで、つい叱りたくなることもあると思います。けれども、激しい口調できつく怒鳴ったり体罰を加えても、それで子どもの行動を直すことはできません。子どもの行動には必ず原因となっている出来事があります。それを見極めましょう。