アレルギー性鼻炎の詳細

 「くしゃみ、鼻みず、鼻づまり」が、慢性にまたは季節の変わりめに起きる病気です。
 抗原と抗体が鼻の粘膜で反応して、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを起こすのがアレルギー性鼻炎です。アレルギー反応(I型)で起こる病気には、ほかに気管支喘息(きかんしぜんそく)、アトピー性皮膚炎、アレルギー...

アレルギー性鼻炎の関連コラム

アレルギー性鼻炎は気管支ぜん息の危険因子? 早期治療が肝心

世界各地でアレルギー性鼻炎の患者さんが増加しています。青年層の50%以上に症状がみられる国もあります。アレルギー性鼻炎... 続きを読む

アレルギー性鼻炎関連のニュース

アレルギー性鼻炎関連リンク

goo検索で調べよう

抗原と抗体が鼻の粘膜で反応して、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを起こすのがアレルギー性鼻炎です。アレルギー反応で起こる病気には、ほかに気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎などがあります。これらアレルギー性の病気はしばしば同時に起こります。

アレルギーが起こるメカニズムとは?

免疫機能の中心となる 白血球 は、体内に侵入した 異物(抗原)を攻撃 してからだを守ってくれますが、ときには、このはたらきが逆効果となることがあります。

免疫機能が何らかの原因で異常をおこす と、攻撃の必要のないものまで攻撃したり、抗原の威力がそう強くないものに過剰な攻撃をしかけたりしてしまいます。これらのことが原因で、 体内の正常な組織や細胞が破壊されてしまう のです。

免疫機能の異常からおこる症状の一つは、アレルギー反応 として現れます。アレルギーとは、体内に侵入した、 “アレルゲン“という原因物質を攻撃するための抗体が、正常に機能しない ためおこるものです。

この抗体は、 「肥満細胞」 に付着しますが、そこにアレルゲンがついてしまうと、肥満細胞内の化学伝達物質である “ヒスタミン” が血液中に大量に放出されます。ヒスタミンは、毛細血管を拡張する、気管支を収縮させる、血圧を上昇させる、 浮腫やかゆみを引き起こす といった作用をもつため、大量に体内放出されると、 かゆみ、鼻水、充血、じんましん などのアレルギー反応がおこります。代表的なアレルゲンは、 花粉、ほこり、動物の毛 です。

アレルギー性鼻炎は完治できるのか? 治療法とは

抗原が鼻のなかに入らないようにすることが症状を改善するうえで最も有効です。ハウスダスト(ダニなど)はふとん、じゅうたん、畳に多いのですが、丹念に掃除機などで取り除くことにより、鼻症状はある程度改善されます。またスギ花粉のないところに住めば症状は出なくなります。

しかし実際は、掃除してもすぐにほこりはたまりますし、スギ花粉の飛ばないところに住むことも困難です。したがって、 減感作療法 (げんかんさりょうほう)(特異的免疫療法)という 体質改善の治療と抗アレルギー薬 で症状を抑える治療が主に行われています。鼻アレルギー診療ガイドライン(2009年版)に、通年性アレルギー(ハウスダスト)性鼻炎と花粉症の治療法の選択基準が示されています。

花粉症では、飛散する前から薬物を予防的に投与し、症状発現を遅らせ、花粉飛散期の症状を軽くする初期療法がすすめられています。

減感作療法 とは、抗原からの抽出物を少量から投与する方法で、現在では 根治治療に最も近く、治療終了後にも症状の改善が持続 します。この点で、症状を抑える抗アレルギー薬と異なります。

つらい鼻づまりを即効で解消する方法

今すぐ鼻づまりを解消したい!という人にオススメなのが、JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の石井正則先生が考案した方法です。

やり方は、 つまっている鼻の穴と反対側の「わきの下」に、中身が入った500mlのペットボトルをはさんでギュッと締め付ける だけ! 中身が飛び出さないように、口はしっかり締めておきましょう。 両方ともつまっているという人は、交互に 行います。

なぜこの方法で鼻づまりがラクになるのでしょうか。

人の体には、「体の圧迫を受けた側では交感神経の働きが抑えられ、圧迫を受けていない側では交感神経の働きが高まる」という反応があります。

わきには、鼻の穴の毛細血管を収縮させる交感神経が走っているため、つまった鼻と反対側のわきに刺激を与えると、つまっている側の鼻の交感神経の働きが高まって、鼻の穴の毛細血管が収縮。その結果、鼻のうっ血が解消され、粘膜の腫れがおさまるのだそうです。

交感神経の働きを利用した鼻づまり解消法 として、石井先生が提唱している方法にはもう一つ、 「横向き寝」 があります。

やり方は、 つまっている側の鼻の穴と反対側を下にして、横向きに寝る だけ。この時、 わきがしっかり圧迫されるように意識する ことがポイントです。あまり長い時間行っていると、下にした方がしびれてくるので、鼻の通りがよくなってきたと感じたら元の体勢に戻しましょう。

寝ている時に鼻が詰まって口呼吸になると、カゼもひきやすくなります。鼻づまりで苦しいと感じたら、ガマンしないでぜひ試してみてください。