咽頭結膜熱(プール熱)は、毎年夏季を中心に流行する急性のウイルス感染症で、発熱、咽頭炎、結膜炎が主な症状です。プールで感染することもあるため、日本ではプール熱とも呼ばれています。

プール熱(咽頭結膜熱)の症状や潜伏期間とは?

潜伏期間は5〜7日 で、まず高熱で発症し、その後、 のどの症状(咽頭炎) と、 眼の症状(結膜炎) の両方が現れます。 発熱は4〜5日 続きます。 眼の症状は一般的には片方から始まり ますが、多くの場合はもう一方にも広がります。また、頭痛や吐き気、腹痛や下痢が起こることもあります。 また、 高熱のために熱性けいれん を起こすことがあります。
7型による咽頭結膜熱の場合は、何か基礎に病気をもっている人や、乳幼児、高齢者では、重篤な症状となることがあります。

○咽頭炎の症状
急性咽頭炎では咽頭の痛みが急激に現れ、そのほか全身倦怠感、頭痛、発熱などを伴うこともあります。溶連菌感染の場合、全身に発疹の現れることがあり、猩紅熱(しょうこうねつ)と呼ばれます

○結膜炎の症状
急に片眼または両眼に結膜の充血が起こり、目やにが出ます。結膜が水ぶくれて、一見ゼリー状に見えることもあります。異物感、かゆみ、光が異常にまぶしく感じる、熱感、重症では眼痛などを伴うこともあります。

プール熱(咽頭結膜熱)の原因とは?

アデノウイルス と呼ばれるウイルスが原因になります。
感染すると扁桃腺やリンパ節で増殖し、呼吸器感染症の原因となるほか、 胃腸炎や結膜炎、膀胱炎 などを起こすこともあります。 直接接触や飛沫、便などから感染 し、ウイルスに対する 特効薬はないため治療は対症療法 となります。一般的に病原性は強くありませんが、乳幼児などで重症肺炎を起こすことも。アデノウイルスが感染しても必ずしもプール熱(咽頭結膜熱)の症状を来すわけではありません。年間を通じて発生しますが、 春、夏に多く、幼小児期に多くが感染 を受けます。

プール熱(アデノウイルス)の感染経路と予防法

夏、 プールで流行することが多い ので、プール熱とも呼ばれる、アデノウイルスを原因とした、咽頭結膜熱ですが、感染経路の多くは患者さんからの 飛沫感染 です。そのほかに、手指を介した 接触感染タオルなどを共用 したことによる感染があります。

感染の予防には患者さんとの 接触を避ける こと、流行時には うがいや手洗い をしっかりと行うことが大切です。また、治ってからしばらくの間は、 便の中にウイルスが排泄 されていますので、 配膳前、食事前、排便後、おむつ取り替え後の手洗いの徹底 が重要です。プールで感染しないようにするには、水泳前後の シャワーや洗眼、うがい も大切です。さらに、 タオルの貸し借りをやめる こと、症状がある時にはプールに入らないことなど、一般的な予防法の励行が大切です。

プール熱(咽頭結膜熱)の出席停止の期間はどのくらい?

学校保健法では発熱、咽頭炎、結膜炎などの 主要症状がなくなったのち、2日を経過 するまでは 出席停止 とされています。
出席停止とは、学校教育法第35条(第49条)または学校保健安全法第19条(旧・学校保健法第12条)の規定に従って行われる措置のことで、出席停止期間の基準は、感染症ごとに個別に定められています。出席停止となった日数は学校に「登校しない」状態であっても、 欠席にはあたりません

プール熱(咽頭結膜熱)は大人も感染する? “二次感染”に注意

プール熱(咽頭結膜熱)は、集団でプールへ入る機会の多い子どもの間で流行しやすい病気ですが、 大人でもかかることがあります 。特にプール熱にかかった 子どもの看病をしていてうつる“二次感染”が多い のも特徴です。

プール熱になると、高熱が続く、のどに痛みがある(咽頭炎)、目が赤く充血する(結膜炎)、といった典型的な症状が出ます。 大人は軽く済む場合もありますが、中には激しくのどが痛む 人もいます。家族に患者がいるときはタオルの共有をせず、その他食器類の使い回しなどもやめましょう。

咽頭結膜熱,プール熱の詳細

 咽頭結膜熱は結膜炎のため、はやり眼と呼ばれることもあります。6月ごろから増え始め、7〜8月に患者数のピークを迎えます。
 毎年夏季を中心に流行する急性のウイルス感染症で、発熱、咽頭炎(いんとうえん)、結膜炎(けつまくえん)が主な症状です。プールで感染することもあるため、日本ではプール熱とも呼ばれていますが、多くは患者さ...

咽頭結膜熱,プール熱関連のニュース

咽頭結膜熱,プール熱関連リンク

goo検索で調べよう