百日咳の詳細

 間隔の短い咳(せき)が連続して起こり、その咳が文字どおり長い期間続く病気です。
 百日咳菌の飛沫(ひまつ)感染(くしゃみなど)で起こります。日本では1981年以降、世界に先駆けて副反応の少ない精製ワクチンが使われ、小児の患者さんの数は着実に減ってきています。一方、10歳以上の思春...

百日咳関連のニュース