関節リウマチの詳細

「リウマチ」とは、もともとギリシア語の「流れる」という意味をもつ言葉で、筋肉や関節に痛みと炎症を引き起こす病気の毒素が、体のあちこちに流れていって引き起こされると考えられていたために名づけられたもので...
 関節リウマチは、70〜100万人の患者数を数え、30〜50代の女性に好発します。ひとつの関節にとどまらず、左右対称性に全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じ、進行すると関節が壊れます。  しかし、微...

関節リウマチの関連コラム

【図解付き】骨/関節の病気の仕組み・骨粗鬆症・関節リウマチ・脱臼・捻挫

【図解付き】骨/関節の病気の仕組み・骨粗鬆症・関節リウマチ・脱臼・捻挫 出典:株式会社法研「からだと病気のしくみ図鑑」 監修:川上 正舒 自治医科大学名誉教授 地域医療振興協会練馬光が丘病院 院長    野田 泰子 自治医科大学医学部解...

続きを読む

関節リウマチの初期症状に注意! 早めの治療が大切な理由

30~60歳代の女性に多い原因不明の関節炎は、早期診断・早期治療が決め手...

続きを読む

悪性関節リウマチ

 悪性関節リウマチは日本に特有な病名で、欧米ではリウマトイド血管炎と呼ばれます。関節リウマチに全身の血管炎症を併発し、難治性で重い病態です。患者数は全国で約5000人です。申請して承認されれば厚生労働省の特定疾患治療研究医療費を受給できる難...

続きを読む

手首の痛みを放置しないで! 女性に多いガングリオンや関節リウマチ

仕事や家事をしている時、手首に痛みが……。そんな経験、ありませんか? 手首はたくさんの関節が集まっている箇所。いろんな病気や疾患が潜んでいる可能性があります。 女性はホルモンの影響で手首に炎症がおこりやすく 「なんとなく手首...

続きを読む

関節リウマチの新しい治療とは-新薬の効果が精神的にも影響する?

以前に比べ治療の満足度は向上し、周囲の無理解や非難は大幅に減少...

続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

良い状態が維持できたら、次は減薬・休薬で安全性を高め経済的負担を軽減したい。それには早期治療が大事...

続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

男性より女性が4~5倍かかりやすい慢性関節リウマチ。発病から6カ月以内の早期治療が大事です。...

続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

関節リウマチの治療は、日進月歩で進み、日常生活を支障なく過ごせる「寛解」状態を保つことが可能に。...

続きを読む

関節リウマチ関連リンク

goo検索で調べよう

人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛みや腫れがあらわれ、炎症が進行するとやがては骨が破壊される病気が関節リウマチです。

関節リウマチとはどんな病気なの?

「リウマチ」とは、もともとギリシア語の「流れる」という意味をもつ言葉で、筋肉や関節に痛みと炎症を引き起こす病気の毒素が、体のあちこちに流れていって引き起こされると考えられていたために名づけられたものです。

現在「リウマチ」という言葉は、広い意味で 「リウマチ性疾患」 を指している場合と、狭い意味で 「関節リウマチ」 を指している場合とに使われています。 「リウマチ性疾患」とは、 関節、筋肉、骨、靭帯(じんたい)などの運動器に痛みとこわばりを起こす 疾患で、これには 変形性関節症、膠原病(こうげんびょう)、痛風 などたくさんの病気があります。ここでは、狭い意味での「リウマチ」つまり「関節リウマチ」について説明します。

関節リウマチは、関節の内面をおおっている 滑膜(かつまく) という膜に炎症が起こり、進行すると 軟骨・骨が壊れていく病気 です。日本では、関節リウマチの患者さんは60〜70万人いるといわれています。他の国でもだいたい人口の0・5%くらいの患者さんがいます。この病気にかかるのは主に 女性で、男性の約5倍くらいで、30〜50代で最も多く発症 します。

関節リウマチの症状の進み方とは

全身の 関節にこわばり、痛み、はれ を生じます。 朝のこわばりはリウマチ特有の症状 で、起床時に手指などの関節がこわばって動かしにくく、ぎこちない感じを自覚し、温めたり動かすと数分〜数時間で消えていきます。

こわばり感に引き続いて関節症状が現れます。関節痛は重要な症状ですが、「痛い」だけではなく、 関節の腫れ、発赤、熱感、運動時痛、関節液がたまる 、などの症状を伴います。関節炎は、 左右対称性 に生じ、しばしば移動性で、手指、手、足、膝などの関節に生じます。

また、 微熱、食欲減退、全身倦怠感 などの全身症状や、前腕伸側などの皮下結節、 目や口の乾き、乾いた咳、運動時呼吸苦、甲状腺腫 などの関節外臓器の症状をしばしば伴います。

関節の炎症は、発症の早期から骨・軟骨に広がり、関節の破壊がどんどん進行すると運動が制限され、元に戻らなくなります。手や足の変形は食事や歩行などの日常生活動作を損ないます。頸椎(けいつい)関節炎は後頭部痛や手のしびれ感を、腱に炎症が波及するとバネ指(指を曲げ伸ばしする際にある角度でひっかかり、無理に屈伸しようとするとポコンと指がはねる状態)を、手関節腫脹は手根管(しゅこんかん)症候群 を起こすこともあります。

関節リウマチは早めの治療が肝心

以前は関節破壊はゆっくり進むと考えられ、安静を保って様子を見ながら、症状が進むようであれば作用の弱い抗リウマチ薬から使い始め、少しずつ強い抗リウマチ薬へと段階を上げていきました。しかしその後の研究で、 関節破壊は発症してから2年くらいのうちに進む ことがわかってきたため、この10年くらいの間に治療法は劇的といってもいいほどの変化を遂げました。つまり、以前の段階を上げていく治療法とは反対に、初期のうちからしっかり抗リウマチ薬を使って関節の破壊を抑えていく治療法に変わったのです。

さらに最近、バイオテクノロジーの技術を使った新しい薬(生物学的製剤)が開発されました。この薬は、従来の薬では効かなかったタイプの関節リウマチにも非常によく効き、保険適用にもなっているので、効果的な治療法がなくて苦しんでいた多くの患者を救っています。

滑膜の炎症が進んで関節が破壊され、機能障害のある場合は、人工関節に置き換えたり、炎症によって切断されてしまった腱(けん)を修復するなどの手術が行われます。しかし、このようなことになる前に早く治療に着手すれば、その進行をかなり抑えることができるようになりました。このため、今や関節リウマチは、早く診断し治療を始める重要性が強調されるようになっているのです。