単純ヘルペスウイルス脳炎の詳細

 単純ヘルペスウイルス(1型と2型があり、口唇(こうしん)に小水疱(しょうすいほう)ができる口唇ヘルペスなどを起こします。脳炎は1型がほとんど)が脳の中に侵入し、神経細胞などで増殖して、神経系の細胞を...
 単純ヘルペスウイルス脳炎の成人例は、三叉神経節などに潜伏していた単純ヘルペスウイルスが活性化し、神経を上向して脳にいき、脳炎を起こします(図1)。世界中で起こり地域性はありません。  日本では年間約...

単純ヘルペスウイルス脳炎関連リンク

goo検索で調べよう

日本では年間約350人が発症しますが、散発性に起きる脳炎のなかで最も頻度が高く、かつ急速に重症化することが多いものです。つまり、早く適切な治療を受けないと死亡したり高度後遺症を残す病気で、緊急対応が必要です。

単純ヘルペスウイルス脳炎とはどんな病気なの?

h3 単純ヘルペスウイルス脳炎の成人例は、三叉神経節などに潜伏していた単純ヘルペスウイルスが活性化し、神経を上向して脳にいき、脳炎を起こします。世界中で起こり地域性はありません。

抗ヘルペスウイルス薬であるアシクロビルの開発により、6〜7割の患者さんが亡くなられた以前の状況から、 約2割の死亡率 に減少しています。しかし、現在でも 約3〜5割の患者さんは死亡あるいは高度後遺症を残し、社会生活に復帰できる方は約半数 です。脳はほかの臓器と異なり極めて再生能力が乏しい臓器ですから、時間単位の早期の診断と治療が大変重要となる病気です。したがって、できるだけ早く専門的な医師を受診することが必要です。

単純ヘルペス脳炎の原因

主として 単純ヘルペスウイルス1型 (口唇ヘルペス )によります。2型(性器ヘルペス )では脊髄炎 (せきずいえん)、髄膜炎 (ずいまくえん)が一般的です。
平和共存的なヘルペスウイルスが重いヘルペス脳炎を起こす原因はよくわかっていません。ヘルペスウイルスの侵入経路に関しては、ウイルスの上気道感染に続いて嗅神経を経由して、もしくは血液に運ばれて(血行性)、よくできる部位である大脳辺縁系を侵すと推定されています。

 一方、ヘルペスウイルスが三叉(さんさ)神経節などで潜伏しているという報告も多くされており、成人・高齢者の単純ヘルペス脳炎の発症については、中枢神経系での潜伏・再燃という機序(仕組み)も有力と考えられています。

日本人の約80%が感染しているヘルペスウイルスとは?

ヘルペスウイルによる感染で水ぶくれが

ヘルペスは、感染者が多い身近なウイルスのひとつ。このヘルペスウイルスに感染すると、唇やそのまわりなどに小さな水ぶくれができます。口のまわりのヘルペスの場合、10ヶ月~2週間でこの水ぶくれの症状が治まるのも特徴。こういった人に感染するヘルペスウイルスは、8種類あります。口にできるものを口唇ヘルペス、性器にできるものを性器ヘルペスと呼び、それぞれ感染したヘルペスウイルスの種類により病気の症状も違います。

<8種類のヘルペスウイルスと病気>

◯単純ヘルペスウイルス1型

口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症、角膜ヘルペスなど

◯単純ヘルペスウイルス2型

性器ヘルペスなど

◯水痘・帯状疱疹ウイルス

水ぼうそう、帯状疱疹

◯エプスタイン・バーウイルス

伝染単核症

◯サイトメガウイルス

肺炎、網膜炎

◯ヒトヘルペスウイルス6型

突発性発疹、脳炎など

◯ヒトヘルペスウイルス7型

突発性発疹

◯ヒトヘルペスウイルス8型

カポジ肉腫

1型には日本人の70〜80%が感染している

ヘルペスウイルスによる代表的な病気は、単純ヘルペスウイルス1型で起こる口唇ヘルペス、単純ヘルペスウイルス2型による性器ヘルペスなどです。

口唇ヘルペスと性器ヘルペスの違いは、ウイルスによるもの。日本人は、単純ヘルペスウイルス1型に70~80%、2型に2~10%が感染しているとされています。

ヘルペスウイルスは、一度感染すると人間の神経細胞の中に隠れて潜伏し、完全に治すことができません。これを潜伏感染と呼びます。潜伏しているヘルペスは、体の免疫力が弱った時や、紫外線、月経前などで再発。一般的には、初感染の場合の方が、再発より症状がひどかったり、発熱する場合があり、再発の場合は水ぶくれが小さかったりするようです。

症状は、はじめに皮膚にピリピリやむずむず、ほてりなどの違和感を感じます。これはその部位でウイルスが増殖しているサイン。その1~3日後に水ぶくれになり、やがてかさぶたになり治っていきます。水ぶくれは自然治癒しますが、早めに抗ヘルペス薬を使うことで、症状をやわらげたり、はやく治すことが可能。最近では、再発を防ぐ薬もあるので病院で相談してみましょう。

感染力が高いときは、接触を極力避けて

ヘルペスの感染は、ウイルスに直接接触することで起こります。ウイルス保持者の皮膚にさわり、自分の皮膚にウイルスがつくだけでは感染しませんが、そこに小さな傷や湿疹などがあったり、皮膚の角層のない粘膜部分に触れると感染に。ただ、症状がでていない時でも、性器の皮膚や粘膜にウイルスがでてきている場合があり、そのときに接触すると感染する可能性があります。

家族などパートナーにヘルペスの症状が出ているときは、ウイルスの量が多いので感染力がかなり強い状態。キスやセックスなどの接触を避けるほか、タオルやグラスなどの共有もさけましょう。また、風邪ぎみやストレス過多など体が弱っているときに再発しやすいので、こういったときも症状が出ているときと同様に接触を避けるのがベターです。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと