水痘,みずぼうそう,帯状疱疹の詳細

 水疱性(すいほうせい)の発疹を起こす病気で、初めて感染した時には水痘になり、発熱と全身性の発疹が出ます。一度かかった人の体のなかには、ウイルスが持続潜伏感染しています。何かのきっかけでウイルスが活動...
 小児期によくみられる急性熱性発疹症のひとつで、全身に散らばって分布する小水疱(しょうすいほう)を主体とする発疹が生じる病気です。近年、日本では成人の抗体保有率が低下し、成人でもしばしばみられます。
 ヒトヘルペスウイルス科に属する水痘‐帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスの初感染によって起こります。全身に水疱(すいほう)が現れ、水疱がすべて痂皮(かひ)(かさぶた)になるまでまわりの人に感染しま...

水痘,みずぼうそう,帯状疱疹の関連コラム

帯状疱疹てどんな病気? 原因と症状|体の一部に発疹が出て痛みを伴う

水ぼうそうのウイルスが原因の帯状疱疹てどんな病気? その原因と症状は? また、なぜ全身ではなく、一部にだけでるのか、その理由を解説します。 水ぼうそうを発症させるウイルスが体の神経細胞に潜伏し再... 続きを読む

20~30代にも多発!帯状疱疹とは? ヘルペスの症状と治療法

帯状疱疹(たいじょうほうしん)はヘルペスともいいます。ヘルペスとは疱疹=小さい水ぶくれが集まった状態のことですが、ヘルペスウイルスによって起こる病気を指し、主に帯状疱疹と単純疱疹(口唇(こうしん)ヘル... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が... 続きを読む