口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)は先天性異常の一つであり、生まれつき唇の一部や上あごが裂け、鼻の高度な変形を伴うことも少なくありません。日本人に多くみられ、出生児500人に1人程度いるといわれています。

口唇裂,口蓋裂の詳細

 およそ胎生の9週ころに左右の口蓋突起が伸びてきて、口蓋(こうがい)(上あご)が作られます。口蓋裂とは、赤ちゃんが生まれてくるまでに口蓋突起が最後までくっつかなかった状態をいいます。一方、上唇がくっつ...
 口唇裂とは、上口唇(上くちびる)の形成が不十分で披裂(ひれつ)ができた状態で生まれてくる病気のことをいいます(図9)。母親の胎内に宿った赤ちゃんの顔の部分は、最初から形ができあがっているのではなくて...
 口蓋裂とは口と鼻を隔(へだ)てている上あご(口の蓋)に亀裂(きれつ)が生じて生まれてくる病気のことをいいます(図10)。口蓋は口蓋突起(とっき)という組織が左右からくっついて形成されます。妊娠8〜1...

口唇裂,口蓋裂の関連コラム

耳の軟骨で鼻再生が実現-口唇口蓋裂治療に軟骨再生医療

よく「軟骨がすり減ってひざが痛い」というように、軟骨は骨を保護するクッションの役割をしたり、関節のなめらかな動きに重要な働きをしています。それだけではなく、鼻や耳の形を保っているのも軟骨です。 先天性... 続きを読む

口唇裂,口蓋裂関連リンク

goo検索で調べよう